アニメ『化物語』【するがモンキー】のネタバレ感想(其ノ壹~其ノ参)

するがモンキー

アニメ版・物語シリーズより、『化物語』【するがモンキー】其ノ壹~其ノ参のネタバレ視聴感想&解説です。

話数は第6話~第8話。

【ひたぎクラブ】【まよいマイマイ】に続いて3つ目のエピソードという事で、アニメから入った人はこのあたりから『物語シリーズ』の世界観に馴染んでくる事と思います。

スポンサーリンク

するがモンキー

今回思ったのは、【するがモンキー】においても戦場ヶ原ひたぎの存在感が非常に強かった事ですね。

【まよいマイマイ】の時と同じく、事件解決に関わる重要なキャラクターとなっていました。

恋人関係になったばかりというのもありますが、やはり阿良々木暦にとって無くてはならない存在だなあと感じさせられます。

アニメ版【するがモンキー】の構成

アニメ版【するがモンキー】は全部で3話構成。

序盤に真宵ちゃんが登場しますが、エピソードの中心となるのは阿良々木暦、神原駿河。

そして怪異の解決については忍野メメと戦場ヶ原ひたぎの2人が活躍します。

【するがモンキー】のあらすじには次ページで触れています!

スポンサーリンク

フォロー・購読