アニメ『石膏ボーイズ』7話ネタバレ的感想 マルスの二つ名ww

『石膏ボーイズ』7話の視聴感想です

『ウルトラスーパーアニメタイム』1枠目の『おしえて!ギャル子ちゃん』が強烈なおっぱい回だったせいか、かなりリラックスした状態で視聴する事ができました

ギャル子レベルの巨大すぎる胸は水に浮いてしまうそうですw

『石膏ボーイズ』7話「内乱の予感」ネタバレ的感想

石膏ボーイズ 7話

今までも仲良かったり悪かったりが続いていた『石膏ボーイズ』ですが、今回は一段と激しかったですね

ラグナロクでも発生しそうな雰囲気でした

「お前みたいなモヤシがアイドルやってんじゃねーよ!」(マルス)

「なに言ってんの!ボクだって脱ぐとスッゴイんだから!」(メディチ)

とかいちいちディスり方が面白すぎてもうw

特にマルスの「全裸メット」がツボでした

っていうか、ジョルジョ以外皆全裸じゃねえかw

「ジョルジョってる」も合わせて考えると脚本書いている人はとてもセンスありますね

石ボのバトルが面白すぎて気付いたら既にストーリーが終了していました

聖戦勃発!? 発端はマルス? メディチ?

前半の感想ですが、改めて見直してみると今回『石膏ボーイズ』が悪い雰囲気になった発端はどうやらマルスのようですね

石膏ボーイズ 7話

ここが問題のシーンです

温厚なヘルメスに対して表情に若干の曇りが現れているマルス

向かい側には窓際から順にメディチ、ジョルジョ、石本の順に座っています

事の発端は電車内でメディチが「3年S組石八先生」の魅力について語った後にマルスが食ってかかったところから始まり、

役者・アイドル・作家とマルチに活動するモリエールばかりを賞賛するメディチに対しブルータス派のマルスが腹を立てた事が原因のようです

両者は譲り合う様子もなく険悪なムードになりますが、ここで別の角度からヘルメスが介入した事で内乱が大きくなりました

石膏ボーイズ 7話

どうやらマルスがヘルメス側のスペースを大きく浸食し過ぎていた事がヘルメスにとって気に障ったようです

マルスは「いちいち細かい事」と一蹴しましたが、

実際他人同士とかでコレやられたらかなり腹立ちますねw

寝ながらどんどんこっちにヒジ出してくるおっさんとかうざい事この上ない

ここはひじ掛けを下ろしておかなかった石本さんにも多少の責任はあるように思いました

確かにこの方が一見解放感はありますが、石膏が4人いる事を考慮するとお互い干渉しないためにも下ろしておくべきでしたね

石膏ボーイズ 7話

とりあえずジュースで一服しながら前半戦は終了

石膏ボーイズ ヘルメス

コーラが上手に飲めないヘルメスさんに萌え

前回使っていたストローは全身像専用だったんでしょうか?

『石膏ボーイズ』7話 後半戦感想 ”全裸メット”

後半「ダンディ2メン」ディナーショーの場では電車内の時に増して激しい内乱が勃発しました

石膏ボーイズ 7話

台車の上でも目いっぱい距離を取っていたあたり、電車内でのバトルからまだ仲直りできていなかった様子

本来ならなるべく中心から少し手前ぐらいに重心がいくように乗せないと危ないんですけどね…

ちなみにメディチの位置のみに重い物を乗せたりすると結構危険ですw

石膏ボーイズ 花屋敷ミラ

会場内で偶然出会った花屋敷ミラと同席する事になって事なきを得たように見えましたが、

そう甘くはありませんでしたねw

ディナーショーの最中、再びマルスに火を付けた決定打はズバリヘルメスの放った「全裸メット」

特にミラちゃんの前でディスったのが大分マズかった

石膏ボーイズ 7話

「そこの全裸メットも新調してきたらしいよ、メットを」

ミラちゃんは特にバカにする様子もなく流しましたが、マルスはこの時怒り心頭に達した様子

石膏ボーイズ マルス「誰が全裸メットじゃあぁー!!!」

手が付けられなくなった状況に石本が突っ込んだ矢先にメインイベントの「ダンディ2メン」が登場して場は一気に収まりました

”首回りでペーソスがかくれんぼ”

こう見えて喜劇王モリエール

石膏ボーイズ モリエール

”造形のザックリ感は味だよ、味”

信念の男ブルータス

石膏ボーイズ ブルータス

愛称はそれぞれモリさん、ブル男さん

2人ともオーラが凄かったですね

ちなみにCVは子安武人さん&藤原啓治さんという超豪華仕様w

何でこのアニメこんなお金かかってんのw

あれほどいがみ合っていた4人がいつの間にか争いを忘れ、目をキラキラさせながらダンディ2メンを見つめていました

何だかんだ石ボ達はアイドルの大先輩としてダンディ2メンの2人を尊敬していたようで、

「自分たちもあのようなアイドルになりたい」と結束を固める事が出来て良かったと思います

最後石本さんはヤケになっていましたが、まあ結果オーライって事でしょう!

『石膏ボーイズ』7話 感想まとめ

石膏ボーイズ 7話

6話までで各メンバーの個性を伝え、7話は雨降って地固まるといった内容でした

『石膏ボーイズ』がこれから日本を代表するような大きなアイドルに躍進するための重要な1歩を表したエピソードでしたね

リアルでもひょっとしたらやがてはμ’sのようなトップアイドルになれるかも知れませんw

グッズ出るのも嬉しいけど、個人的にはもっとバンバン歌出して欲しいですね

次回8話からはどういう流れになるんだろうか?

モリエール&ブルータスと共演とかあったら嬉しいんですが…

せっかく声優豪華だからトークショーとか期待してしまいますね

それでは来週も『石膏ボーイズ』8話楽しみにしております

エス、イー、ケーケーオー、ビーオーワイエス、SEKKO!!

スポンサーリンク

コメントは交流・情報交換等の場としてご利用していただければ嬉しいです。コメントは承認制ですので反映されるまでしばらくお待ち下さい。

※なお、誹謗中傷などの読んだ人が不快になりそうな内容のコメントは、編集もしくは削除する場合がある点についてはご了承くださいm(__)m

まったりと居心地の良い空間になれば幸いです!

フォロー・購読

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。