『石膏ボーイズ』第2話感想 台車で運ばれるアイドルw

石本美希

今期のウルトラスーパーアニメタイムは中々観やすい作品が揃っていて楽しいですね。

毎回順番とか意識して作られているんだろうか?(´・ω・`)

『石膏ボーイズ』第2話感想

最初の『おしえて!ギャル子ちゃん』も割とアホな内容のアニメですが、
コレを観る事で更にアホな『石膏ボーイズ』の世界観に入りやすくしてもらっている気がしますw

そしてしんみりとした『旅街レイトショー』で「なんかいいモン見れた」という気分に浸って終わるという、

結構濃密な30分を味わえますね。
さて本日の『石膏ボーイズ』第2話「我々はどこから来たのか、我々は何者が、我々はどこへ行くのか」
とりあえず前情報の少ないこのアニメにおいて一番気になるのは、どんなストーリー展開になるのかという点ですよね。

今回はTV局に赴き、「sing! a song!」という番組の収録回でした。

ボーイズ共は自分で動けませんからマネージャーの石本美希が4人の家を訪問して車に運ぶ所から始まります。

マルスの「アゴ持って!それがコツだから」のセリフがツボってしまいましたw

石膏ボーイズ

ちなみにどの石膏像も大体10kg前後はあるようですからこれは結構ツラい仕事ですね。

石本も中々にブッ飛んだキャラしているせいかTV局でヘマしまくり、
石膏ボーイズは自分たちの認知度の無さに「神様やってた頃の方が良かった…」とそれぞれヘコみます。

石膏ボーイズ

第2話では新キャラ・花屋敷ミラというアイドルが登場しました。
この子、石膏ボーイズの大ファンだそうで落ち込んでいた石ボにやる気を戻してくれますw

花屋敷ミラ

今まで「せきボ」だと思ってましたが「いしボ」って読むんですね、ミラさんのおかげで初めて知りました(´・ω・`)
石ボの4人は無事に収録を終えた様子で、今回は終了しました。
それにしても未だに4人の顔と声が一致しないw
顔と名前はやっと覚えてきたから次回は誰が誰の声なのか把握できるよう努めたいと思います。

とりあえず早く歌聞いてみたいですな、ライブ回やって欲しい(´・ω・`)

一応EDテーマは4人が歌ってますけどね。
「エス、イー、ケーケーオー、ビーオーワイエス、石膏!」ってw

結構なバカアニメですが、枠も短めで観やすいので次回も継続したいと思います。
それでは第3話も楽しみにしております。

スポンサーリンク

コメントは交流・情報交換等の場としてご利用していただければ嬉しいです。コメントは承認制ですので反映されるまでしばらくお待ち下さい。

※なお、誹謗中傷などの読んだ人が不快になりそうな内容のコメントは、編集もしくは削除する場合がある点についてはご了承くださいm(__)m

まったりと居心地の良い空間になれば幸いです!

フォロー・購読

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。