アニメ『石膏ボーイズ』10話ネタバレ的 感想 まさかの鬱展開!?

『石膏ボーイズ』10話「泣く女」の感想。

最後に一波乱起きましたが、割と定番な流れだったようにも思います。

アニメ『石膏ボーイズ』10話ネタバレ的 感想

石膏ボーイズ10話

今回で『石膏ボーイズ』もとうとう10話。

1話の頃は、自分にとってただの「声を充てた石膏」という存在でしかなった奴らが今では「ジョルジョ」「マルス」「メディチ」「ヘルメス」という、他作品と何ら変わりない”キャラクター”として僕の中では生きている。

無生物を美少女化した「擬人化」が流行ったりしていますが、”石膏”達は見た目が人間のように作られているので馴染むのも早いものでした。

感覚的には「動く石像」とか「ゴーレム」に近いかも知れません。

2016-03-12 (5)

ところで1クール作品で10話まで来ると「ようやくここまで来たか」と妙に達観した気分になります。

『石膏ボーイズ』放送当時を考えると、最初は事前情報も少なく、アニメの設定やストーリー展開など色々と謎なままでしたが、いざ蓋を開けてみればなんだかんだしっかりアイドル系ギャグアニメとして成り立っていました。

アニメというものにはあまりにも多彩なジャンルが存在するわけですが、あらゆるパターンが出尽くした感のある現在においても「石膏アイドル」というのは斬新ですよね。

擬人化と合わせてもう一歩踏み込み「無生物アイドル」が誕生したら面白いかも知れないと思っています。

人気出す為には可愛い人型モデルが必須とは思いますが。

石膏ボーイズ10話

そして”石ボ”達はまだ肝心の「歌って、踊る」といったライブシーン的なものは現れていませんが、これは期待するだけ無駄なんだろうか?

そもそも結構難しい事のようにも思えます。

ただ、今回10話では新たな音楽プロデューサーによる『石膏ボーイズ』の為の新曲が用意される事が決定しました。

これはもしかすれば、最終話において初のライブイベントが起きる布石となっているのではないでしょうか。

ただ現実問題として、10話の展開により新曲の前にまず石本マネージャーとの関係を修復する事が必要になりました。

最終話まであと2話あるわけですが、1話あたりの尺の短さを考慮すれば11話で石本さんと和解、12話で新曲の発表というパターンになるのではないかと予想します。

最終話目前にチーム内での大きな不和が起こるのは、この手のジャンルでは定番の流れと言えますね。

ラストに石膏ならではのネタを用い、重い終わり方にしなかったのは良かったと思いますw

ミラにとっては重い終わり方でしたがいや何でもありません。

石膏ボーイズ10話

『石膏ボーイズ』マネージャー降板の危機!?

今までの問題の多くは、「石ボ」のメンバー間によるジハードが主でこれを石本さんが鎮圧する事が多かったように思います。

回を重ねるごとに”おかん”のような立ち位置に君臨し、メンバー達とも絆を深めていたように思えていた石本美希マネージャーですが、今回は大きく自信喪失してしまったんではないでしょうか。

石膏ボーイズ10話

というか傍から見てもアレは石本さん可哀想ですね。

一応ミラちゃんと絹枝さんがいい雰囲気になっていたわけですし、盛り上げる空気なのは分かりますがやっぱ言葉は選ぶべき。

あえてネタにツッコむなら、DJサプライズに対する石本さんの態度もアレでしたが。

奮闘したところで何となく役に立てていないマネージャーとしての自分が嫌だったんでしょうね。

とりあえずDJ連れてきたけれど、既に石ボとミラちゃん達でもっと優れたDJが用意されていた。

石膏ボーイズ10話

普段なら流せたでしょうが、弱っていたところに「絹枝さんがマネージャーなら良かった」というボディーブローを食らったせいで重く受け止めてしまった様子。

それでも鬱になりすぎずに怒鳴って出ていくあたり、相当に強いメンタルをお持ちではあるようですが。

石膏ボーイズ10話

『石膏ボーイズ』10話 感想まとめ

とりあえず今回の新キャラ。

石膏ボーイズ10話

満寿田ムーブマンw

ちなみにこの満寿田ムーブマンさんですが、実在の人であり『石膏ボーイズ』の主題歌作曲及びサウンド全般を担当しています。

公式に「謎のクリエイター」と設定されているため、Wikipediaなどにも記載されていませんが、アニメの中にリアルの設定がどれほど反映されているのか気になるところ。

逆に考えれば、彼の手にかかればAbciiなど及ばない、この上無く『石膏ボーイズ』に相応しい最高の1曲を提供してくれる事間違いありません。

10話は先行き不安な展開となりましたが、これまでも何度も苦難を乗り越えてきた彼ら『石膏ボーイズ』ならば必ず分かり合えるはず。

次回11話では感動的な展開を期待したいます。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

エス、イー、ケーケーオー、ビーオーワイエス、SEKKO!!

スポンサーリンク

コメントは交流・情報交換等の場としてご利用していただければ嬉しいです。コメントは承認制ですので反映されるまでしばらくお待ち下さい。

※なお、誹謗中傷などの読んだ人が不快になりそうな内容のコメントは、編集もしくは削除する場合がある点についてはご了承くださいm(__)m

まったりと居心地の良い空間になれば幸いです!

フォロー・購読

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。