『リゼロ』7話の感想ネタバレ風(アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』)

アニメ『リゼロ』(Re:ゼロから始める異世界生活)7話「ナツキ・スバルのリスタート」の感想。

今回スッゲェ熱い回となりましたね。

今までひたすら手探り状態だったロズワール邸編でしたが、最後のスバルの決意に観ているこっちはアドレナリンMAXでしたw

スポンサーリンク

『リゼロ』7話「ナツキ・スバルのリスタート」感想

襲撃者の正体がレムと分かってからアニメの雰囲気は一転、今までの若干ウザいスバルのキャラも嘘のようにシリアス成分が濃くなっていました。

個人的に水瀬いのりさんの圧倒的な演技にも感動。

リゼロ7話

リゼロ7話

前回6話ではラストに面白くなってきたものの、徐々にマンネリ感もあって7話もさほど期待していなかったんですが、いやあ、うかつにも序盤から泣かされたw

一定の期間積み上げてきた思い出が消えるのは絶対悲しいですよね…ループものの宿命でありますが、こっちは全部覚えているのに周りの人間は毎回記憶がリセットされてしまう。

1話からずっとスバル視点で描かれているこの作品だからこそ、彼の辛さがストレートに伝わってくるようで色々感じる部分がありました。

今回はスバルの内面描写が多く占めていた事に加え、ラムとレムの黒い感情も強く表現されていて重い展開となりましたが、最後、スバルの覚悟と決意によるリスタートで締める事で見事にまとまっていたと思います。

あんなカッコイイ飛び降り見た事ないぜw

リゼロ7話

7話自体は素直に面白かったんですが、それよりも感想として言いたいのは”7話まで”観て本当に良かったなあと思った事ですね。

ロズワール邸での何てことない日常も、スバルの面倒くさい絡みも、ちゃんと意味があったのだなと感激しました。

スポンサーリンク

そして個人的MVPは最後まで体を張ってスバルを守ろうとしたベアトリスたん!

リゼロ7話

口も態度も悪いけれど、ロズワール邸に着いてから最もスバルに貢献し続けてくれたキャラクターなんじゃないかと思っています。

次ページでは、7話におけるルート分岐について考察してみます!

スポンサーリンク

フォロー・購読