リゼロ6話の感想ネタバレ風(アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』)

リゼロも6話まで来ました。

2クールで展開される事は確定している訳ですが、1クールの半分を消化したにしては大分展開がスローに感じます。

小説ならばジックリ展開でも全然問題ないですが、アニメはもう少しテンポ良くないとさすがに退屈…

今回6話「鎖の音」にて襲撃者の正体が判明したので、進展はあったにせよ物足りなさがやや勝ったというのが正直な感想ですね。

スポンサーリンク

・リゼロ6話の感想 ストーリーの進展や伏線など

リゼロ6話

今回のストーリーはロズワール邸で迎える3度目の初日~4日目。

”3度目の初日”ってのもヘンな日本語ですが、言葉通りなので仕方がない。

ループ物って毎回のパターンを把握していないと付いていけなくなる、というか理解出来なくなってしまうから、今までのルートと比較しながらストーリーの進展を書いていこうと思います。

僕は洞察力にはあまり自身が無いので、伏線を見付けるのも苦手だったりしますが、アニメを観ていて気付いた事なんかも触れていきます。

スポンサーリンク

・リゼロ6話のストーリーは?

リゼロ6話

ラムのあくびは何の意味があったんだろう?

さて、まずは基準となる4話(初日1度目)のルートの一部について。

  • スバルは使用人としてロズワールに雇ってもらう
  • 4日目の夕方は、レムと買い出しに行く
  • 眠っている間に衰弱死

これが5話の変動によると

  • 初日と同じく使用人として雇ってもらう
  • 新たに入浴イベントが発生し、その後ラムに読み書きを教えてもらう
  • 4日目の夜、眠らずに起きていると身体が衰弱したのち、見えざる敵からの襲撃を受け死亡

これにより、スバルが最初に死んだ要員は衰弱死だと予測を立てる事が可能になりました。

そして6話での変動は

  • スバルは情報収集に徹するため、客人として迎えてもらう
  • ベアトリスから呪術について教えてもらい、さらに自分の致命傷を治したのが彼女だった事を知る
  • スバルは4日目の朝に屋敷を出て行き、近くの丘の上で襲撃者の動向をうかがい、この時レムとの買い出しが無かった事に気付く
  • 夕暮れ時、レムから襲撃を受ける

6話目では大分ルート改変されていますね。

客人として行動した事が大きかったんでしょうか?

レムとの買い出しの有無については、ルート分岐の要素にあまり関係無い気もしますが、わざわざ言及したからには何か大きな秘密があるのかも知れません。

リゼロ6話

とりあえず襲撃者の正体がレムと判明した事、6話終了時点でスバルがまだ生存している事だけでも今までで一番大きい収穫ではあります。

ダイバージェンスメーター数値もいくらか上昇した事でしょう(w)

ただ気になる部分もいくつかあるので、次ページで考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

コメントは交流・情報交換等の場としてご利用していただければ嬉しいです。コメントは承認制ですので反映されるまでしばらくお待ち下さい。

※なお、誹謗中傷などの読んだ人が不快になりそうな内容のコメントは、編集もしくは削除する場合がある点についてはご了承くださいm(__)m

まったりと居心地の良い空間になれば幸いです!

フォロー・購読

コメント

  1. ほーほけ より:

    いつも楽しく拝見させていただいております。
    ホームページのデザインがいいですね!
    キリンのぬいぐるみを抱いているキャラが可愛いのですが、
    名前を教えていただけると助かります!

    • noe より:

      >いつも楽しく拝見させていただいております。
      ありがとうございます!

      >キリンのぬいぐるみを抱いているキャラ
      「ジュエルセイバーFREE」というフリー素材のキャラクターなんですが、元々のキャラ名は「春風琥珀」といいます。
      名前を変えて使っているサイトもあるかも知れませんが、当ブログでは琥珀ちゃんのままでいこうと思いますw

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。