アニメ感想『Re:ゼロから始める異世界生活』1話ネタバレ風

ブログが中々更新できなかったのはあるゲームのイベで忙しいからとかそんな事は決してない…。

僕のブログをわざわざ名前で検索して来て下さる方もいるようなので、反省して今後記事更新に努めたいと思います。

さて、リゼロやっと観れました。

初回1時間は長いけど見応え十分で面白かったです。

それでは2016春アニメとして始まりました『Re:ゼロから始める異世界生活』1話の感想書いていきます。

スポンサーリンク

アニメ感想『Re:ゼロから始まる異世界生活』(リゼロ)1話ネタバレ風

アニメ化決定時点から大いに話題だった『Re:ゼロから始まる異世界生活』通称「リゼロ」。

初回1話はなんと1時間スペシャルという豪華仕様での幕開けとなりました。

リゼロ1話(ノノムラ・スバルw)

詳しくない方の為に軽く説明しておきますと、この『Re:ゼロから始まる異世界生活』(長いので以下、「リゼロ」でいきます)、何とアニメ界で徐々に台頭している、いわゆる「なろう系」作品です。

あれですね、「小説家になろう」出身の作品で高い人気度を誇っているもので、過去にも『魔法科高校の劣等生』、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』、『オーバーロード』、ついこの間まで放映していた『この素晴らしい世界に祝福を!』など、毎回アニメ化の度に話題を集め、今回のリゼロもその例に漏れず半年以上前から各所で盛り上がりを見せていました。

さて『リゼロ』、最早テンプレジャンルと言える”異世界転移”モノですが、主人公ナツキ・スバルが王道からやや離れた設定のキャラクターとなっているところが面白い。

引きこもりの高校生が異世界へ召喚という王道をなぞりつつも、スバルは何の能力も持たず、色々と事件に首を突っ込んだ結果あっさりと”死んで”しまう。

そしてスタート地点で目を覚ます訳ですが、アニメ第1話では彼は2度死にました。

2度目の復活を経ても彼はまだ事を理解していないようでしたが、スバルが異世界で唯一得た能力は「死に戻り」。

自分が死ぬ事で時間を巻き戻すという、痛みを伴う能力です。

まあ、長い目で見れば不死身に近いですから便利と言えなくもないですが、巻き戻る毎に全てがゼロに戻り、出会った人々との思い出もリセットされるわけですから出来れば発動したくはない能力のように思います。

リゼロ1話

僕は2~3年前に原作を少し読んだんですが、ラインハルトさんというそれはそれは強い剣士と、今回の病的なまでに戦闘狂なエルザさんとの対決あたりまで読んだっけか。

今回アニメは2クールとの事なので、更に先の物語まで観られそうでとても楽しみですね。

そしてアニメ版のリゼロですが、1話観た時点では凄く面白いと感じました。

力の入り具合が伝わると言いますか、1つ1つのシーンが凄く丁寧に描かれていて臨場感がありましたね。

上手にスバル視点で物語が展開されてたと思います。

アニメと共に更に続きを楽しみたいところ。

アニメ『Re:ゼロから始まる異世界生活』(リゼロ)1話 登場人物

今回は1話「始まりの終わりと終わりの始まり」時点での登場人物の情報を整理していきたいと思います。

アニメ1話にしては人数が多かった気もしましたので。

ナツキ・スバル

リゼロ1話

「ファンタジー異世界と仮定して、文明はお約束の中世風ってとこか」

携帯のアドレス一覧がだいぶ残念だった主人公のナツキ・スバル。

職業はJK(JITAKU KEIBI)。

職務を全うするために日頃から木刀等を用いて筋トレを行っていたその腕力は異世界でも通用し、3対1でのケンカに勝利するほど(ただし刃物には弱い)。

リゼロ1話

自分の命を救ってくれた少女・サテラの「徽章探し」を手伝うため、協力した結果2度命を落とす事に。

時間が巻き戻った事に気が付かないまま、3度目のスタートの際に街でサテラの姿を発見するわけですが、名前を呼ぶも、「誰だか知らないけど、人を”嫉妬の魔女”の名前で呼んで、どういうつもりなの!?」と返され驚愕したところで1話は終了。

エンディング曲がいいタイミングで挿入されて凄く雰囲気のある終わり方だったと思います。

ところで、頑張って名前隠しているのにエンディングで思いきり「エミリア」と出すのはどうなんだろうかw

ここは彼女の口から本名を教えてもらうまで「サテラ」で通して欲しかったな…

エミリア

本作のヒロインです。

自称ハーフエルフの少女で、「サテラ」と名乗る。

リゼロ1話

猫の姿の精霊パックを引き連れ、氷球の魔法を使用する精霊術師。

盗まれた徽章を探している最中に、偶然フルボッコにされているスバルに遭遇し助けた事がきっかけで、以後行動を共にする。

スバルいわく「めちゃくちゃ損するばっか」の性格で、素直じゃないがそれを認めようとしない。

スバルが2度目に死に戻った際、彼女の「サテラ」という名前は”嫉妬の魔女”の意味合いを持つ偽名だった事が判明した。

とっても可愛い。

リゼロ1話

フェルト

リゼロ1話

ロム爺の盗品蔵に出入りするすばしっこい少女。

ルグニカ王都の貧民街に育ち、盗みを働いて生計を立てており、今回サテラの徽章を盗んだ犯人。

スバルが1度目の死に戻りの際にエルザに斬殺されます。

”風の加護”を受けている。

ロム爺

リゼロ1話

盗品蔵の主である巨人族の老人。

フェルトを大事に守っている。

見た目に反して面倒見の良いおじいちゃんで、麦人さんの声が実にマッチしていました。

1話でスバル意外に唯一2回死んだ可哀想な人。

エルザ

リゼロ1話

おっとりとした能登さんボイスに似合わずだいぶイッっちゃっている謎の殺人鬼。

戦闘能力が極めて高く、巨人族のロム爺や”風の加護”を受けたフェルトを軽くあしらう。

ある雇い主の為に徽章を狙っている様子で、スバルが初めて盗品蔵を訪れた際にロム爺が死んでいた事から、元から取引をする様子は無さそう?

カドモン

サブキャラですが、とりあえず最後までいい奴すぎましたw

リゼロ1話

スバルが異世界で最初に出会う果物屋の男で、見た目は厳ついが中々に気のいい人。

最後には無一文のスバルに”リンガ”をくれました。

なんとなく「このすば!」の荒くれ者と被ってしまいます。

スポンサーリンク

アニメ『Re:ゼロから始まる異世界生活』(リゼロ)1話 感想まとめ

あらすじなのかキャラ紹介なのかよく分からなくなってしまった…

初回1時間といっても、単純に「2話をまとめて」って感じでなく、じっくりと1話を描いてくれたような構成でとても見応えがありました。

音の演出も良かった。

モブもヌルヌル動いていて凄く作り込まれている感じですね。

エミリア…じゃない、サテラがスバルの手と庶民の手の違いを描写するシーンがありましたが、こういうところ丁寧にストーリーが練られているなあと思います。

自然に世界観が伝わるというか、好印象な場面でした。

リゼロ1話

初っ端からこのクオリティを見せられると次回からは30分が短く感じてしまいそうです。

期待しただけある。

それでは2話も楽しみにしたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

フォロー・購読