アニメ感想『ニンジャスレイヤー』1話ネタバレ風(スペシャル・エディション版)

2016春アニメとして始まりましたニンジャスレイヤー フロムアニメイション(スペシャル・エディション)』

どこからツッコめば…じゃなくて、どの観点から感想を書くべきか迷う内容でしたが、とりあえず第1話(&第2話?)「ボーン・イン・レッドブラック」「マシン・オブ・ヴェンジェンス」の感想です。

スポンサーリンク

アニメ感想『ニンジャスレイヤー フロムアニメイション(スペシャル・エディション)』1話 ネタバレ風

さて、『ニンジャスレイヤー フロムアニメイション』の放映からちょうど1年を経て”生まれ変わった”と言ってもいいはずの『スペシャル・エディション』版、その1話を観た結果ですが…

クオリティ変わってねーじゃねーか!ww

と1番にツッコミたい。

ニンジャスレイヤー1話

まあ、観たのが1年前なので具体的に細部がどう変わったかとかの検証は中々に難しいんですが、ぶっちゃけニコニコ動画時代の移植に近いんでないか? これは。

確かに『ニンジャスレイヤー』でそのアニメイションなんですが、別にどこもスペシャルでないという。

フラッシュアニメ的な当時からどう変化したのか僕には分かりませんw

ただ、初見の方に誤解して欲しくないのは、この作品はクソアニメではあるが原作レイプではない、確かに『ニンジャスレイヤー』なのだという事なんです。

確かに作画はアレなんですが、一応演出なんかは光る部分を感じませんか?w

見た目のチープさほどに中身は決してギャグギャグしていない、始めから終わりまで筋の通ったものがあるというか、フジキドケンジの強い復讐心みたいなものがアニメから伝わったなら、それでこの作品を理解出来ているとは思います。

「いや、もっと丁寧にアニメ作れよ」という意見もあると思いますが、あえて擁護させていただくと、この作品に限ってはアニメーションに拘ったところでそんなに伝わるものは変わらないんじゃないかな?

ニンジャスレイヤー1話

地上波で再び放送するからには「フラッシュパートよりアニメパートの割合が多くなったんじゃないか」とか、正直僕も期待していたんですが、実際フジキドケンジやニンジャ達がヌルヌル動くようになったところでこの作品の本質は動かない気がしてきました。

スポンサーリンク

アニメに求めるものって人それぞれで違いますから、作画も重要な要素だと考えて『ニンジャスレイヤー フロムアニメイション』をゴミ認定する事は仕方ありませんが、この作品が一部で絶賛されている理由については”『ニンジャスレイヤー』を上手く描いている”この一言に尽きると思います。

ま、だからって紙芝居アニメにしていい理由にはなりませんがねw

ただ、この作品から漂うガチさを考えるとTRIGGERは決して手抜きしたわけでなく、本気でこのような作風に取り組んだのだとは思います。

結果として商業的に間違った方向へ進んだわけですから円盤が売れなかったりするのは当然と言えますが、個人的には1つの作品として(良くも悪くも)しっかり評価されるべき余地のある作品だとは感じました。

次ページではあらすじと感想を書いていきます!

スポンサーリンク

フォロー・購読