アニメ感想『ニンジャスレイヤー』1話ネタバレ風(スペシャル・エディション版)

2016春アニメとして始まりましたニンジャスレイヤー フロムアニメイション(スペシャル・エディション)』

どこからツッコめば…じゃなくて、どの観点から感想を書くべきか迷う内容でしたが、とりあえず第1話(&第2話?)「ボーン・イン・レッドブラック」「マシン・オブ・ヴェンジェンス」の感想です。

スポンサーリンク

アニメ感想『ニンジャスレイヤー フロムアニメイション(スペシャル・エディション)』1話 ネタバレ風

さて、『ニンジャスレイヤー フロムアニメイション』の放映からちょうど1年を経て”生まれ変わった”と言ってもいいはずの『スペシャル・エディション』版、その1話を観た結果ですが…

クオリティ変わってねーじゃねーか!ww

と1番にツッコミたい。

ニンジャスレイヤー1話

まあ、観たのが1年前なので具体的に細部がどう変わったかとかの検証は中々に難しいんですが、ぶっちゃけニコニコ動画時代の移植に近いんでないか? これは。

確かに『ニンジャスレイヤー』でそのアニメイションなんですが、別にどこもスペシャルでないという。

フラッシュアニメ的な当時からどう変化したのか僕には分かりませんw

ただ、初見の方に誤解して欲しくないのは、この作品はクソアニメではあるが原作レイプではない、確かに『ニンジャスレイヤー』なのだという事なんです。

確かに作画はアレなんですが、一応演出なんかは光る部分を感じませんか?w

見た目のチープさほどに中身は決してギャグギャグしていない、始めから終わりまで筋の通ったものがあるというか、フジキドケンジの強い復讐心みたいなものがアニメから伝わったなら、それでこの作品を理解出来ているとは思います。

「いや、もっと丁寧にアニメ作れよ」という意見もあると思いますが、あえて擁護させていただくと、この作品に限ってはアニメーションに拘ったところでそんなに伝わるものは変わらないんじゃないかな?

ニンジャスレイヤー1話

地上波で再び放送するからには「フラッシュパートよりアニメパートの割合が多くなったんじゃないか」とか、正直僕も期待していたんですが、実際フジキドケンジやニンジャ達がヌルヌル動くようになったところでこの作品の本質は動かない気がしてきました。

スポンサーリンク

アニメに求めるものって人それぞれで違いますから、作画も重要な要素だと考えて『ニンジャスレイヤー フロムアニメイション』をゴミ認定する事は仕方ありませんが、この作品が一部で絶賛されている理由については”『ニンジャスレイヤー』を上手く描いている”この一言に尽きると思います。

ま、だからって紙芝居アニメにしていい理由にはなりませんがねw

ただ、この作品から漂うガチさを考えるとTRIGGERは決して手抜きしたわけでなく、本気でこのような作風に取り組んだのだとは思います。

結果として商業的に間違った方向へ進んだわけですから円盤が売れなかったりするのは当然と言えますが、個人的には1つの作品として(良くも悪くも)しっかり評価されるべき余地のある作品だとは感じました。

次ページではあらすじと感想を書いていきます!

スポンサーリンク

コメントは交流・情報交換等の場としてご利用していただければ嬉しいです。コメントは承認制ですので反映されるまでしばらくお待ち下さい。

※なお、誹謗中傷などの読んだ人が不快になりそうな内容のコメントは、編集もしくは削除する場合がある点についてはご了承くださいm(__)m

まったりと居心地の良い空間になれば幸いです!

フォロー・購読

コメント

  1. 匿名 より:

    2期は無理だろうな
    別の会社が取り組んでくれるだろうか

    • noe より:

      2期難しそうですね。
      多様性が重視されている作品ですから、全く別の作風で新たにアニメが作られたら面白そうとは思います。

  2. 匿名 より:

    エンディング曲が全部新曲になるところが「スペシャル」(マジで

  3. 匿名 より:

    グロ隠しのモザイクが全部取り払われているとかでスペシャルとか聞いた
    まあ考えなしにやってる訳ではないだろうがな

    • noe より:

      無修正版的な感じですかね。
      ただ、放送倫理等を考慮すると地上波と動画サイトむしろ逆で行うべきなのでは、とも思いますw

  4. 匿名 より:

    丁度去年にテレビ放映版はスペシャルエディションでと宣言しておいて、土壇場になって『完成している作品?に手を加える必要は無い』なんて言い訳している辺り、円盤の売り上げが芳しくなくて予算も足りずに予定変更せざるを得なかったのではと邪推したくなりますね。
    いくら原作の雰囲気を再現しているとしても動かないのは原作の雰囲気とは関係ないしこんなのを放映したらこの制作会社の次回作なんて誰も期待しないでしょう。

  5. 匿名 より:

    確固たる世界観や求めているものは各々で違うと思うけれど、私は少なくとも原作のSFチックな世界観や、バカみたいなことを真面目にやるシュールな笑いを求めていたので、前回に引き続き今回の薄ら寒い手抜き手法にははっきり言って共感が持てない。
    シュールギャグはバカみたいなことを真面目にするから生まれるのであって、バカみたいなことをふざけてするのでは決して生まれない。
    また、原作はそもそもギャグ小説ではないし、シリアスに重きを置いているはずなので、最初からギャグアニメ感全開で挑んでいるアニメイシヨン(笑)は手法どころか方向性すら間違っている原作レイプの塊と言わざるをえない。
    アニメイシヨン(笑)が商業的に失敗したのは、それはニンジャスレイヤーが万人受けしないからでも、完全再現(爆笑)しようとしたからでもなく、単純にニンジャスレイヤーという媒体の本質をアニメスタッフが誤解し、トチ狂ったようなフラッシュアニメを製作したから。誰も望んでないようなものを嬉々として製作したから。要するに自業自得。これはつまり、大多数の賛同を得られなかったためであり、それはすなわち大多数が「こんなものはニンジャスレイヤーではない」と思っていることの裏返しでもある。現に、アニメ化決定での盛況ぶりから一転、今では地上波の話題は閑古鳥が鳴く程度にまで衰退した。これはニンジャスレイヤーが一般受けしなかったからではなく単純にアニメイシヨン(笑)をクソだと思う層やヘッズなどの後方支援層が離れていったということを如実に表していると言える。
    そして一番このアニメシヨン(笑)がクソたりえるのは、キャラが全く動かないこと。これは悪手というか、そもそもアニメの体をなしていない。
    もうガンダムみたいな見た目とか、原作ガン無視の派手な着彩とか、キャラの書き分けが全くできていないとか、女性キャラの露骨な萌え寄せとか、申し訳程度に挟んだ動くシーン(謎)が低予算丸出しの酷い出来だとか、そういうのを一切無視しても擁護できない。もうこうなると需要そのものが完全に消失してしまう愚行中の愚行、失策中の失策である。
    こんな原作にションベン引っ掛けたような汚物だと事前に知っていたならば、私も変な期待など持たずにスルーしていただろうが、情けない話だが私は多少なりとも期待していた。triggerが詐欺紛いのトップ画やトレイラー(トレイラー自体が既にクソだったので期待値はだだ下がりだったが)を貼り付けたというのもあるが、これは不徳の致すところである。全くもってお恥ずかしい限りである。
    Web版も一話切りして、地上波も見ていないのでどういう流れになったのかは皆目見当がつかないが、ただ一つ言えることはこれは原作レイプであるということである。それぞれ、思うことはあるかと思うが、このアニメがヘッズを含む一般大衆に受け入れられていないというのが、何よりの証拠である。よって、私はこれがニンジャスレイヤーを再現しているとは思わないし、ヘッズとしてを許すまじ行為と断言するし、今後も見ることは絶対にない(というか、triggerの今後の作品も見ることはないけど)。
    ちゃんとした「アニメ」が、善良なアニメ会社に依頼され作られることを、祈るばかりである。

    •   より:

      言いたい事を全部言ってくださりありがとうございます。
      私もヘッズの一人としてまったく同じ事を思う一人です。web版を最後まで見て、今回地上波でスペシャルエディションが放送されると聞いて、「今度こそ本物のニンジャスレイヤーが見られる!」と期待しておりました。
      しかし、実際には何の変化も無いアニメ未満のフラッシュ・・・さらにはweb版からカットされたシーンなどもある。
      もともと尺が短すぎるところに無理やり押し込んで演出を犠牲にしていたというのにこの上その演出をカット・・・
      私ももうアニメには全く期待できません。

  6. 匿名 より:

    これはこれでいいが、せっかくならアニメにしてほしい。これから変わるかもしないが。

  7. 匿名 より:

    以下は私の勝手な考察と意見なので、見たくないとか、なんだこのクズみたいな考察と思った方は別に見なくてもいいです。しかし、こういう考え方もあるよという事だけ伝えたい。
    「ニンジャスレイヤーのアニメはクズ」「flashアニメとか考えられないもっと動かせ」
    「原作者もといアニメスタッフ狂人www」「裏切られた」
    などとネットの低評価のコメントを見ると、アニメ化にあたってflashアニメなことに不満がある人が多いのがわかる。しかし、考えても見てほしい原作のニンジャスレイヤーは文章つまり文字だ。その文字からくる情報量は少なく細かなところは書かれなかったり、察しろというところも多いかもしれない。一つ例を挙げてみよう、

    対峙するニンジャスレイヤーと○○ニンジャ、両者睨む中ニンジャスレイヤーは風を切り○○ニンジャとの距離を目にも留まらぬ速さで詰め次の瞬間○○ニンジャさんの首がイヤーッの掛け声とともに吹き飛んだ。

    文の書き方は私のオリジナルなので、原作と似てなかったりするかもしれないがそこはおいておこう。重要なのは、○○ニンジャさんの首がどうやって吹き飛んだのかが書かれていないことにある。手刀で首を切断したのか、パンチの威力で首だけ飛んだのか、引き千切ったのか、まったくわからないところ。私たち読者がこの文を見てニンジャスレイヤーさんの動きを忠実に言葉で言い表すと人によって意見が違う。普通のヌルヌル動くアニメをするとどうなるか。スタッフ側の想像の通りの動きとなるだろうすると視聴者は自分の持つイメージと合う者、合わない者の二者に別れる。前者の場合ここはこういう動きでよかったのかと思う。ここまではいいが後者の場合はどうだろう。ここはこういう動きだったのかよ、ここでこの動きはおかしい、といった不満など意見が飛び交うこの打開策がflashアニメだ。flashアニメならばニンジャスレイヤーさんが○○ニンジャさんに近づきイヤーッの掛け声とともに○○ニンジャさんの首を吹っ飛ばし血の描写をいれる。これだけでいいあとは文字のニンジャスレイヤー同様、視聴者の想像の通り視聴者の中で自分の中だけにあるニンジャスレイヤーを想像すればいいのだ。原作の文体をみてこの様なアニメにした。とアニメスタッフが言ったのは今あるニンジャスレイヤーファンのことを考え、各々が持つニンジャスレイヤーの世界観を壊さないための策だったのだ。つまりわざわざflashアニメにしたのはスポンサーの意向でも、予算の都合でもファンへの裏切りでもなく、むしろアニメスタッフからのファンの為を思った熱いファンサービスだったということだ。裏切ったのはアニメスタッフや原作者ではなく、我々ファンの方だってのかもしれない。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。