『無彩限のファントム・ワールド』10話ネタバレ的 感想 らむね!

『無彩限のファントム・ワールド』10話「小さいルルの大きな夢」感想。

ついにルル回来ましたね。

新キャラらむねちゃん登場です!

冬の終わりにふとラムネが飲みたくなりましたw

『無彩限のファントム・ワールド』10話ネタバレ的 感想

無彩限のファントム・ワールド10話

夏祭りという随分季節外れなお話。

熊枕久瑠美と共に京アニオリジナルキャラクターであるルルが主役のエピソードでした。

小さいルルが通りすがりの魔女に願いをかなえてもらい、等身大になり人間ってどんなものかという事を知る、少しおとぎ話風な内容。

魔女ファントム可愛かったです。

無彩限のファントム・ワールド10話

全体的によくまとまっていた感じですね。

『無彩限のファントム・ワールド』は結構小難しい解釈のエピソードが多い印象がありますが、今回は凄く観やすかった。

夏野らむねを新キャラクター(新ヒロイン?)として捉えると、まるでひと昔前の青春学園モノに見えてちょっと面白かったです。

少し天然だが謎設定の多い転校生と、主人公晴彦君のラブコメ。

最初のイベントは夏祭り、のような感じ。

…まあ、無いですねw

無彩限のファントム・ワールド10話

そして普段はバトルにおける主力の川神たちが、今回は軒並み無力だったのも面白い。

「五行の氣」はアッサリかわされ、アルブレヒトは跳躍が足らず、玲奈はお腹壊すからダメ、小糸の攻撃は危な過ぎて使えないという八方塞がり。

晴彦がとっ捕まってからの、ルルがラムネとの葛藤の末に助けに向かう展開にシビレました。

ルルにしか出来ない、という条件を作り彼女に最大限の見せ場を作る今回の演出は非常に良かった。

最後のルルの様子からすると、自己犠牲となるつもりは微塵も無かった様子ですが、そうするとあの「じゃあね」は何だったんだろうw

でも生きていてくれて良かったです、ホントに。

ここで鬱展開はあり得ないだろうと思いつつも、晴彦同様心配している自分がいました。

無彩限のファントム・ワールド10話

晴彦もルルが大事な存在だと再認識できたようで、結末としては雨降って地固まるといった具合ですね。

感想としては、とても心温まる物語でした。

ルルの夢

今回はルルの夢、というより突発的な悩みですね。

晴彦とのケンカから自分の身体のサイズに不満を抱き、そこに「ファントムの願いをかなえるファントム」がタイムリーに現れた。

エピソード全体を通じて「ラムネ1本を全部飲み切る」という目標があったところが何ともルルらしいです。

食べ物に関しては、むしろ小さい方がたくさん食べれていいなとも思いますけどw

僕の場合ならラムネ1本買えば好きなだけ飲めるって方が嬉しいですが、ルルは「全部飲んでみたい」という欲求の方が強かったんですね。

自分としては中々盲点な欲求に思えました。

これに関しては本人にしか理解できない悩みなのかも知れません。

身体が元のサイズに戻っても、結局最後は1本飲み切ってしまうルル。

心もお腹も満たされてこの上なく幸せそうな彼女にニヤニヤ。

ルルのひと夏の夢は結局ココに終着するんじゃないかなあとw

打ち上げ花火を眺めて終わる、今回はCパートも無くキレイなラストとなりました。

『無彩限のファントム・ワールド』10話 感想まとめ

無彩限のファントム・ワールド10話

晴彦君とのケンカから始まり、「ファントムの願いをかなえるファントム」と出会ったルルが願いをかなえてもらい、花火玉のファントムから晴彦を助ける為に元の姿に戻り、最後には仲直り。

ネタもツッコミどころも今回はあまり無く、「いい話」って感じの流れでした。

ファントムと共にルルが打ち上げ花火になった時は、「どうせ生きてるんだよな?…な?」と思いつつもハラハラしている自分がいたw

ルルって一条君に踏まれてもダメージ無いし、めちゃめちゃ頑丈ですよね。

等身大になったルル、「夏野らむね」ちゃん、中々に可愛かったです。

無彩限のファントム・ワールド10話

いいな、こんな子とお祭り行きたいです…

部屋のフィギュアが等身大の女の子にならないかな、などと危ない妄想をしてみたりw

『無彩限のファントム・ワールド』もおそらくあと2話か…

このアニメは1話完結で進行するせいか、あまり「終わり」感が見えません。

最後まで勢いを殺さずに駆け抜けて行ってほしいところです。

…と思ったら次回まさかの晴彦回かよ!

次回11話は「ちびっ子晴彦くん」

来週も楽しみにしたいと思います。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントは交流・情報交換等の場としてご利用していただければ嬉しいです。コメントは承認制ですので反映されるまでしばらくお待ち下さい。

※なお、誹謗中傷などの読んだ人が不快になりそうな内容のコメントは、編集もしくは削除する場合がある点についてはご了承くださいm(__)m

まったりと居心地の良い空間になれば幸いです!

フォロー・購読

コメント

  1. えたんだーる より:

    教室でらむねちゃん(笑)がすっ転んでいたのを見て、「ああ、翔べる方が当たり前って思っているんだ」というのが凄く伝わってきましたね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。