アニメ版『物語』シリーズを時系列の順番にまとめてみた

さて、今まで

  • 『傷物語』
  • 『猫物語 黒』
  • 『化物語』
  • 『偽物語』

と、きました。

この後は

  • 『傾物語』
  • 『鬼物語』
  • 『終物語(中)』
  • 『猫物語 白』
  • 『終物語(上)』
  • 『囮物語』
  • 『恋物語』
  • 『憑物語』
  • 『花物語』

と、進みます。

スポンサーリンク

ちなみに『終物語』はアニメ版タイトルには何も書かれていませんが、

アニメ化しているものに関して言うと『終物語(上)』と『終物語(中)』の2部構成になっています。

時系列的には『終物語(中)』が先です。

この2エピソードの間は実に2ヶ月間もの開きがあるため、うっかり「しのぶメイル」を後回しにすると時系列がズレるので注意されたし。

・『物語シリーズ』時系列の重要ポイント

そしてなんですが、ここ大事なポイントです。

まずは

  • 『傾物語』
  • 『鬼物語』
  • 『終物語(中)』
  • 『猫物語 白』

の部分を深く掘り下げていく事になります。

ここで区切ったのには理由があって、

ちょうどこの『傾物語』から『猫物語 白』までの時系列が非常にややこしいのです。

概要から説明すると、

  1. 猫物語 白』の1日前から『傾物語』が動き出し、
  2. 猫物語 白』の始まりと同日に『傾物語』は『鬼物語』に続き、
  3. 猫物語 白』の終了の前日から『鬼物語』は『終物語(中)』に続き、
  4. 猫物語 白』の最終日と同日、一足早く『終物語(中)』が終了します。

ややこしい?w

つまりは、

『猫物語 白』 8/21~8/24
『傾物語』 8/20~8/21

※但しタイムスリップ有

『鬼物語』 8/21~8/23
『終物語(中)』 8/23~8/24

という時系列で進んでいます。

猫物語 白』は羽川翼視点でのストーリーです。

なので時系列順にアニメを観たい場合は、

  1. 『傾物語』
  2. 『鬼物語』
  3. 『終物語(中)』

と観てから、阿良々木君が20日~24日の間にどんな多忙な生活を送っていたのかを把握した上で、『猫物語 白』を観ると分かりやすいと思います。
という事で、以下、『傾物語』からスタートします。

『傾物語』~『花物語』までの時系列

  • 2つの世界を行き交う『傾物語』

傾物語 八九寺真宵

『傾物語』にはタイムスリップという要素が加わる上にパラレルワールドまで出現してしまいますが、

ここに関しては「壮大なOVA」とでも考えて無視してしまっても構いません。

物語ファンには怒られそうですが時系列上あまり重要ではないのでw
【まよいキョンシー】

真宵

8月20日、夏休み最終日。
阿良々木は夏休みの宿題をやり直すため忍の力を借りて過去にタイムスリップ。
11年前の八九寺真宵の命日の前日まで飛んでしまった2人は真宵を救い歴史を改変するも、

戻った現代ではキスショットの手により世界が滅亡していた。
成長した真宵に出会いこの事態が元いた世界でなく別の世界の出来事である事を知った2人は、世界を救った後に元の世界へと帰還し阿良々木は真宵と再会する。

  • ストーリーが新たな境地へ進む『鬼物語』

鬼物語

『傾物語』からそのままストーリーが続きます。

ここは放送順そのままでスムーズに入れるはずです。

【しのぶタイム】

忍野忍

8月21日、2学期初日。
始業式に出られなかった阿良々木は真宵と共に自宅付近で「くらやみ」に遭遇。
間一髪で斧乃木余接に救われる。
神原駿河の叔母・臥煙伊豆湖と出会い、神原駿河に余接の仕事を手伝わせるという約束のもとに「くらやみ」の正体を聞き出す。
事件は解決し、八九寺真宵は成仏。
この時期から忍とのペアリングが切断される。

  • 【まよいキョンシー】からの3部作の完結『終物語(中)』

『傾物語』からずっとストーリーが継続します。

この作品までの流れを頭に入れて、『猫物語 白』を観るといいと思います。

終物語 忍野扇

【しのぶメイル】
8月23日。
学習塾跡で待ち合わせていた神原駿河と共に「鎧武者」に遭遇、再び斧乃木余接に助けられる。
臥煙伊豆湖、神原駿河、忍野忍らと協力して初代怪異殺し・死屍累生死郎を決闘の末打ち倒し、「鎧武者」の事件は解決する。

  • 裏側で展開される『猫物語 白』

猫物語白 羽川翼

【つばさタイガー】
8月21日、始業式。
羽川翼は虎の怪異に遭遇。同時期に自宅を火事により失う。

22日、戦場ヶ原ひたぎの家に宿泊。
23日、阿良々木暦の家に宿泊。
24日。羽川翼、臥煙伊豆湖・エピソードと出会う。
羽川は苛虎とブラック羽川を自身に取り込み、怪異は解決する。
同時に阿良々木暦に失恋し、髪のおよそ半分が白髪になる。
なるべく短くまとめましたが、大体こんな流れですね。

『終物語(上)』は始まりが10月24日~なので、上と中を間違えると時期がメチャクチャになるのがご理解いただけたと思います。
さて残るは『終物語(上)』→『囮物語』→『恋物語』→『憑物語』→『花物語』の流れ。

この辺は阿良々木君以外の語り部の作品が増えますが、時系列的にはもうそんなに難解な部分は無いのでご安心を(´・ω・`)

  • 新キャラ登場『終物語(上)』

終物語 忍野扇

【おうぎフォーミュラ】
10月下旬。
阿良々木暦、自称忍野メメの姪・忍野扇と出会う。

【そだちリドル】
10月下旬。
阿良々木暦、1年生当時の7月15日の事件以来不登校だった老倉育と出会う。
老倉育の台詞が気にかかった阿良々木は、忍野扇と共に中学時代の記憶に触れる。

【そだちロスト】
10月下旬。
阿良々木暦、羽川と共に老倉育の自宅を訪問。
「失踪した母親を見付けて欲しい」という依頼を、羽川翼・忍野扇と共に推理で解決。
老倉育は引っ越し、転校する。

  • 「なでこスネイク」より約4ヶ月、『囮物語』

囮物語 撫子【なでこメドゥーサ】
10月末、千石撫子、忍野扇と出会う。
千石撫子は阿良々木宅に侵入し呪いの札を食べ、メドゥーサになると同時に北白蛇神社の神になる。
阿良々木暦と忍野忍を殺そうとするが、戦場ヶ原ひたぎの願いで卒業式まで待つ事にする。

  • ひたぎの一途さが美しい『恋物語』

恋物語 戦場ヶ原ひたぎ

【ひたぎエンド】
1月1日。
戦場ヶ原ひたぎ、千石撫子を騙す事を貝木泥舟に10万円で依頼する。
千石撫子への嘘はバレてしまうも、貝木は千石撫子を人間に戻す事に成功。
その後、自分への恨みを持つ中学生により襲撃される。

  • 斧乃木余接の物語『憑物語』

憑物語 斧乃木余接【よつぎドール】
2月13日。
阿良々木暦が吸血鬼にかなり近付いていることが判明。
同時期に神原駿河、阿良々木火憐、阿良々木月火が手折正弦に誘拐される。
斧乃木余接と協力し、3人を救出する。
斧乃木余接はUFOキャッチャーで月火にゲットされ、阿良々木家で暮らすことになった。

  • アニメシリーズ最終章『花物語』

花物語【するがデビル】
4月9日。
阿良々木暦は直江津高校を卒業。
神原駿河は昔のバスケットボールのライバル・沼地蝋花と再会する。
沼地に胸を揉まれた結果、左腕が人間の手に戻った。
既に幽霊と化していた沼地と対決し、神原は彼女を成仏させる。

スポンサーリンク

『物語シリーズ』時系列の順番 まとめ

さて、現在公開されているアニメではここまでが一連の流れになります。

後半、少しやっつけ感がありますが、ちょくちょく修正していきます。

今後もアニメ化は続くでしょうからその都度記事も更新していくつもりです。

現在は『暦物語』放送中ですし、そのうち時系列を考えてみたいですね。

アニメ『暦物語』第1話「こよみストーン」感想とあらすじ(※後半ネタバレあり)
『暦物語』第1話【こよみストーン】感想 いやあ、始まりました! つ い に 始まりましたよ(`・ω・´) ...

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントは交流・情報交換等の場としてご利用していただければ嬉しいです。コメントは承認制ですので反映されるまでしばらくお待ち下さい。

※なお、誹謗中傷などの読んだ人が不快になりそうな内容のコメントは、編集もしくは削除する場合がある点についてはご了承くださいm(__)m

まったりと居心地の良い空間になれば幸いです!

フォロー・購読

コメント

  1. もりもりんな より:

    しのぶメイル と つばさタイガー の日時についての質問です。
    しのぶメイルで鎧武者と決闘を果たし、その後、暦は つばさタイガー の最後の場面、苛虎を妖刀ココロワタリ で一刀の元に討ち果たすーーー
    という流れだったと記憶しています。

    しのぶメイル の説明文に10月24日という日時がないので、全てが23日に起こったことのように理解してしまいましたが、本当はどうなのでしょうか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。