アニメ感想『迷家(マヨイガ)』1話ネタバレ風 ゲロイン爆誕

「群像劇」という比較的珍しいジャンルのアニメが2016春アニメに参上しました。

ただ光宗という主人公格のキャラクターが目立っている以上、『バッカーノ!』のような純粋な群像劇とは少し違うのかな?という印象。

1話しか観ていないのでハッキリした事は言えませんが…

以下、『迷家(マヨイガ)』1話「鉄橋を叩いて渡る」の視聴感想を書いていきます。

スポンサーリンク

アニメ感想『迷家(マヨイガ)』1話ネタバレ風

真咲可愛いよ真咲。

迷家1話

登場人物30人に及ぶという前情報は知っていたが、1話にして脱落者もなく全員登場させるのは凄い。

ガールズ&パンツァー』で有名な水島努が監督を務めているのだが、今作でも、大多数のキャラクターを丁寧に描写するという点において見事に手腕が光っていたように思う。

もちろん、”地獄の業火”や”氷結のジャッジネス”など名前負けの残念なキャラも混じっている様子でしたが…w

1話を観た限りでは面白いアニメだったと思います。

ミステリーで群像劇となると、僕の場合なんとなくリアル志向というか”アニメらしさ”の無い内容を浮かべてしまうんですが、この『迷家』はそんな事ありませんでした。

まずキャラデザからして入りやすかったですね。

今回はまだストーリーの本筋には入らず、キャラ紹介的な部分に留まっていましたが(30人もいればそうならざるを得ないですね)、雰囲気が良くて徐々に引き込まれていきました。

個人的にはゲロイン真咲がお気に入り。

とてもキュートです。

迷家1話

もの凄く物語の重要な位置にいそうなリオンとか、性悪そうなマイマイとか、色々アブナそうなジャックとか、個性豊かな人達が多くてこの先飽きる事もなさそうでしたw

不謹慎な皆さんに説教する、良識あるパンピーだと思っていた運転手さんが突然キチガイになったりとか、いつぞやの「漂流教室」の給食のおじさんを思い出しましたよ。

その後何事も無いように済まされていたのはどうかと思いましたが。

自分なら二度とこんな奴に運転してもらいたくない。

まあ代わりがいないから仕方ないか。

「煮玉子おぉぉ!!」

迷家1話

そういえばこういった夜間バスって、運転手2人いるのが普通なんじゃありませんでしたっけ?

運転時間にもよるのかな。

アニメ『迷家』1話 納鳴村について

物語の舞台となるのは、謎のスポットと称される「納鳴(ななき)村」。

「名無き」とかけたりしてるんですかね?

1話においては納鳴村に辿り着く前に終了してしまいましたが、その存在において色々とアヤシゲな情報が蔓延していました。

ネット等で一部噂になっている、地図にも載っていない謎のスポット。

この村の付近では今でも多くの行方不明者が出て現代の神隠しなどと呼ばれているが、しかし、彼らは消えてはいなかった。

現代のルールに縛られないまま全く新しいコミュニティを作って暮らしているという。

都市伝説界ではそれなりに知られた場所でありながら、警察ですら辿り着く事が出来なかったその村をSSDはある人物の助けを借りて発見したらしい。

ちなみにその人物は1話の最後に現れるこはるん。

迷家1話

今回総勢30人のキャラクターが参加したバスツアーは、通称SSD「スーパー創世記だもん」主催の人生やり直しツアー。

一応参加者達は、幾重にもプロテクトのかかったSSDのページを発見して下さった頭脳明晰な人々らしい。

参加項目に遺書持参とあったり、参加する人も含めてかなり危なげなツアーですね。

ちなみにSSD代表・不思議大帝ダーハラはああ見えて大学院の助教授だそうです。

このアニメの面白いところは、まともというか常識人がほぼいなさそうなところですねw

せいぜい光宗の理解者・颯人(はやと)君ぐらいか。

エリート商社マンの美影ユラがツボでした。

「これだから情報弱者は…」

迷家1話

スポンサーリンク

アニメ『迷家』1話 感想まとめ

挿入歌の「運の悪いヒポポタマス」が妙に印象に残りました。

ストーリー上はもの凄くどうでもいいシーンなのに、ガルパンにおけるプラウダ戦の入場演出のように響くものがある合唱だった。

ただこの歌、元々は人間の一生を一週間で表した内容であって特に「運の悪い」要素はあまり無いんですよね。

昔ポンキッキで流れていました。

本気で悲しがる真咲ちゃんに萌え。

迷家1話

「ホットスナックが完成するまでに息を止め続けられなかったら悪い事起こっちゃうんじゃないかなって、そういう即席占いみたいなの、してて…」

こう言われると光宗と同じく「はあ…」って言うしかないかも知れません。

さて『迷家』、1話ではあまり進展ありませんでしたが、全編ほぼバスでの移動というシーンを通じて各キャラクターが上手に描けていたと思います。

まだまだとても30人全員を把握出来てはいませんが、ざっくり分けるとストーリー上主要な人物となりそうなのは光宗、真咲、颯人、リオン。

重要なサブキャラとなりそうなのはヴァルカナ、マイマイ、美影ユラ、ジャック、プゥ子、ダーハラ、こはるん。

ダークホースがよっつんってところでしょうかね。

適当な予想ですがw

迷家1話

マジーのラップは必聴。

OPムービーにちゃんと30人現れているところ、結構力入ってるなあと感じました。

納鳴村に到着してからの展開が予想付きませんが、非常に楽しみなアニメですね。

何だかんだ死人とか出るんでしょうが、安易なデス・ゲームなんかにはして欲しくない…というかそんな安っぽいストーリーにはならんだろうと信じています。

次回2話「一寸先は霧」、期待したいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントは交流・情報交換等の場としてご利用していただければ嬉しいです。コメントは承認制ですので反映されるまでしばらくお待ち下さい。

※なお、誹謗中傷などの読んだ人が不快になりそうな内容のコメントは、編集もしくは削除する場合がある点についてはご了承くださいm(__)m

まったりと居心地の良い空間になれば幸いです!

フォロー・購読

コメント

  1. えたんだーる より:

    皆で合唱する中で歌っていない人がちらほらいたり、「何で歌えるんだ」と言いながら自分も実は歌えたりと、様々な人物がいる第1話でした。

    私はWOWOW視聴なので2話まで見て、すでに視聴継続の方向です。ネタばれ無いよう気をつけます(笑)。

    • noe より:

      おお、もう2話観れるとは羨ましい…
      確かに颯人くんは「お前も歌えるのかよ!」とツッコミたくなりましたw
      登場人物多いせいか、1人2役の声優さん率が高かった気がします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。