『暦物語』6話「こよみツリー」ネタバレ的感想 おっきい火憐

『暦物語』6話「こよみツリー」の感想です

暦物語に限らず2016冬アニメも全体的に半分ほど消化されてきましたね

6話あたりまでくるともう”切る””切らない”で迷う事もなく「最後まで観続けてやる」という意識が高まってきてしまいます

まあ『物語シリーズ』ぐらい息の長い作品にもなればそういう次元すら超えて毎回観てしまうものですが

前置きが長くなりましたがw以下、感想です

『暦物語』6話「こよみツリー」感想

感想の前に今日は『暦物語』にスペシャルな出来事が…

暦物語

「今日ハ、バレンタインデー。

待受画像ヲ、プレゼント。」

うおおお!バレンタインにひたぎさん待ち受けとか最高すぎる!!

ソッコーで保存しましたw

こういうのって後でも手に入るんかな?

アプリ『暦物語』は放送日以外も毎日要チェックですね(`・ω・´)

っていうか今日バレンタインだって事完全に忘れていました

長らく縁のない行事というのは自然に忘れ去っていくものですよね…ふう

さて、本日の日めくりカレンダーもひたぎさん

暦物語 ひたぎ

「I LOVE YOU」

自分に言ってるんですね分かります

こっち指さしてますもんね

ひたぎにチョコ貰ってこんなん言われたらもう意識失うかも知れません

本編が火憐の話なのにひたぎフィーバー凄まじかったですね(´・ω・`)

暦物語 こよみツリー

そして今回6話「こよみツリー」は9月のお話

羽川さんはいつも通りのテンションでしたが8月下旬に『猫物語 白』という中々大変な出来事を経験していたと思います

髪の毛の一部が白髪になっているのは一応そのせい

「こよみツリー」ネタバレ的感想

暦物語 こよみツリー

今回は、というか前回も少しそんな感じしましたが

謎解きというよりも「ええ話や(´;ω;`)」といった印象を受けました

自分で見つけた木だから責任を持って最後まで守り抜く火憐ちゃんカッコよすぎる…さすが正義の味方ですね

「こよみツリー」のお話は怪異譚でもなければ事件解決といったものとも言い難いので正直オチも何も無い感じです

そして今回も例に漏れず阿良々木くんは特に何も活躍しないというw

暦物語 こよみツリー

誰も気付かないうちにいつの間にか道場裏に存在していた謎の木

不思議とも言えますし”あるある”な出来事のような感じもしますよね

ただ、その木があまりに不気味なので切り倒すという展開に正義感の強い火憐はあるあるあ…ねーよ!となりました

そこで火憐は木を守るため、暦お兄ちゃんに知恵を借りるため「おっぱい作戦」に出たと

暦物語 火憐

これで羽川より小さいとか彼女はどんだけ怪異なんでしょうか

この2人いつも部屋でこんなアホな事してるから月火にキレられるんですよねきっと

相談には乗ってもらいつつも腰の重たい兄に対して、最終的にはヒーローらしく「ぶん殴るぞ!」で同意させた火憐ちゃんでした

暦物語 火憐

そして謎解きに関しては行き詰まったところで誰かを頼るというのは『暦物語』における阿良々木君の常套手段ですが、今回は思いのほか早かったですね

「頼れる兄に頼るがいい…フッ」

暦物語 こよみツリー

「何とかしてくれっ!羽川っ!」

まあ何でも知ってる羽川さんなら何とかしてくれる事は間違いないですが、丸投げはひどいw

1つ1つ話を整理していき、羽川さんは上手く解決策を導き出してくれました

もうここまでくれば「名探偵羽川」とかで1つのシリーズ作れそうなレベルですよね

何となく猫っぽくて可愛いかったです

暦物語 羽川

羽川さんの考えによれば、今まで道場生達が木の存在に気付かなかったのは今まで誰も意識していなかったからだという事

今回をきっかけに皆が意識し始めてしまった事によって、今度は逆に必要以上に意識し過ぎてしまい木を切り倒すような大きい話に発展してしまったと(´・ω・`)

阿良々木説で言えば、新しい言葉を覚えると文章の中でもその言葉ばかりが気になってしまうという現象

こっちのが凡人には理解しやすいかな

暦物語 こよみツリー引用元:阿良々木暦の脳内

パンデミックを止める方法ではなく、止まる方法というのが今回のキーワード

感染も広がりようのないところまで行けば後はやがて収束しますが

木を切り倒すところまで行っては本末転倒なので今回は広がりの限界、

つまり行き着くゴールをずらすというのが羽川さんの提案でした

すなわち”不気味””畏敬”に昇華させるという事

自分も以前、ゴミ捨ての多い場所に鳥居を設置したらピタリと止んだという逸話を聞いた事があります

事実かどうかは分かりませんがw

その木は道場設立時に使用した神聖な木で守り神なのだという作り話を広め、切り倒すという話は無くなり今回の話は無事解決

暦物語 火憐

木が救われたのは羽川さんの知恵のおかげですが、今回のMVPはやはり火憐ちゃんでしょう

1本の木を救うために奔走する姿はまさに正義の味方そのものでカッコ良かったです

個人的には、兄に頼らず最初から羽川さんに相談すれば今回のエピソードは5分ぐらいで終わった気がしないでもありません

『暦物語』6話「こよみツリー」感想まとめ

暦物語 羽川今回もあっさりというか観やすい内容でした

改めて見ると火憐ちゃん結構魅力的だなあと思ったりw

(一応月火推しです(`・ω・´))

本編と違って毎回キメる所をキメない阿良々木君が見られる「暦物語」の雰囲気に徐々にハマりつつあります

主にファン向けの作品ですね

でも短くて観やすい点からすれば新規さんにも勧めやすくはあるかな

来週7話は原作通りなら「こよみティー」

ヒロインは遂に月火ちゃんの登場です( *´艸`)ウハッw

スクショが捗りそうです

次回も『暦物語』楽しみです

コメントは交流・情報交換等の場としてご利用していただければ嬉しいです。コメントは承認制ですので反映されるまでしばらくお待ち下さい。

※なお、誹謗中傷などの読んだ人が不快になりそうな内容のコメントは、編集もしくは削除する場合がある点についてはご了承くださいm(__)m

まったりと居心地の良い空間になれば幸いです!

フォロー・購読

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。