アニメ『暦物語』12話「こよみデッド」ネタバレ的 感想 オチは?

アニメ『暦物語』12話「こよみデッド」の感想です。

『暦物語』も今回で最終回。

衝撃的なラストを迎えて終了しました。

スポンサーリンク

アニメ『暦物語』12話「こよみデッド」ネタバレ的 感想

こよみデッド

「こよみデッド」

タイトルから内容が掴めそうなものですが、まさに直球といった感じで阿良々木君がデッドしました。

前回「こよみナッシング」からの続きであり、余弦さんがどうなったのかは謎のままでしたが、『暦物語』はこれにて完結! という話にはならず。

なんせ主人公死んでますからね。

後味悪いにも程があるw

ちなみにこの「こよみデッド」の続きは『終物語 下』「まよいヘル」に持ち越される事になります。

アニメ版に関しては『終物語 上』『終物語 中』までしかアニメ化されていないので、続きが気になる方は原作を読むか、アニメ化まで気長に待ちましょう。

『終物語 下』よりも『暦物語』が先にアニメ化に至ったのは、順番的に考えれば至極当然ですね。

今後『終物語 下』がちゃんとアニメ化されるのであればの話ですがw

スポンサーリンク

今日の日めくりカレンダー

暦物語 日めくりカレンダー

放送日最後の日めくりカレンダーを締めくくるのは、なんとブラック羽川さん。

関連性薄い…

「でもにゃあ。頼まれちゃったらにゃあ

あてのにゃいこの俺に、帰る場所ができたというだけのことで――帰る家があるというだけのことで、何故こんにゃに、にゃんでもできそうにゃ気持ちににゃるんだ。嬉」

セリフ途切れw

『猫物語 白』より障り猫さんです。

そういえばアプリのタイトルが『暦物語』と限定されているわけですが、今後もサービス続くのでしょうか。

名前に拘らずに『物語シリーズ』情報系アプリとして続いていってくれれば嬉しいですね。

次ページより感想とあらすじを書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

フォロー・購読