アニメ『暦物語』11話「こよみナッシング」ネタバレ的 感想

『暦物語』11話「こよみナッシング」の感想。

次回で最終話となり、今回の「こよみナッシング」は12話「こよみデッド」に続く形で終わります。

スポンサーリンク

アニメ『暦物語』11話「こよみナッシング」ネタバレ的 感想

こよみナッシング

影縫余弦が現れた事で今までとは少し違った雰囲気な『暦物語』だった。

時期が2月下旬との事なので、時系列的には『憑物語』で余接が阿良々木君と同居し、影縫さんが街に居着くようになったあたり、ですね。

余接が同居を始めたって事では、前回10話「こよみシード」での「今回のオチ」あたりの時期とも同じぐらいでしょうか。

そこから考えると、10話~12話で繋がっていると言えなくもないです。

影縫余弦がどういう人物かという点で少し補足説明を加えると、不死身の怪異を専門としている陰陽師。

偽物語』「つきひフェニックス」にて初登場しました。

忍野メメ、貝木泥舟とは大学時代の同期で、臥煙伊豆湖(神原駿河の叔母)の後輩。

このようなグループに入って仲良くなれる気がしないです。

作中でピョンピョンしているのは、「地面の上を決して歩かない」という変人だからです。

理由はあるらしい。

今日の日めくりカレンダー

スポンサーリンク

『暦物語』日めくりカレンダー

「春休みのことである。僕は吸血鬼に襲われた。血も凍るような、美人だった。美しい鬼だった。とても――美しい鬼だった」

原作よりの抜粋ですね。

血も凍るような美人というのがキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードを上手く表している。

次ページでは『こよみナッシング』のあらすじとオチに触れていきます。

スポンサーリンク

コメントは交流・情報交換等の場としてご利用していただければ嬉しいです。コメントは承認制ですので反映されるまでしばらくお待ち下さい。

※なお、誹謗中傷などの読んだ人が不快になりそうな内容のコメントは、編集もしくは削除する場合がある点についてはご了承くださいm(__)m

まったりと居心地の良い空間になれば幸いです!

フォロー・購読

コメント

  1. 忍可愛過 より:

    ほんと阿良々木君、自分にとって都合の悪い記憶は、直ぐに忘却の彼方行きですね。
    よっちゃんに、よっちゃんの秘密を知った者は、余弦さんに殺されるって教えて
    もらっていたハズなのに、すっかり忘れてる。
    二人の関係を詳細に聴くのは、当然その情報も聴くって事でしょうから、
    余弦さん風に例えると…「詳しく教えたってもええけど、それを知った時が、おどれの
    最後の時でもあるんやで。」…ってとこでしょうかねぇ、今回の件。(^^;

    • noe より:

      そう考えると、余弦さんは無理難題を出す事で、阿良々木君がその情報を聴かなくて済むよう助けてくれたとも考えられます
      彼女は意外にツンデレなんでしょうかw

  2. 忍可愛過 より:

    デレかどうかはわかりませんがw

    臥煙さんに依頼されたとはいへ、余っちゃんを阿良々木家に護衛として預けるは、
    自身は北白蛇神社に逗留して見守るはで、忍野さんに甘いとか言いながら、
    影縫さんの方が余っ程、阿良々木君を甘やかしてるような気がしますね。

    その表現の仕方が下手なだけで、本当は優しい人なんでしょう。
    だからこそ余っちゃんは、手折さんより、影縫さんを選んだのでは無いでしょうか?

    • noe より:

      最後の2行、凄く納得できる気がします!
      そして2人がどのような関係なのかやはり気になってしまうw

  3. 忍可愛過 より:

    まあ、形式上は「陰陽師と式神」でしょうけれど、実際はより対等に近い仕事の
    パートナーであり、母と子、姉と妹と言う関係でもあるって感じでしょうか…
    憑物語の最終話で、手折さんと対峙しに行く時に余っちゃんが話していた内容から
    勝手に察するとですが。

    更に言うなら、手折さんも、最後は我が子(余っちゃん)の手で…って感じてしたし。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。