『この素晴らしい世界に祝福を!』6話ネタバレ的感想 女神の本気

アニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』6話「このろくでもない戦いに決着を!」感想です

今回は宿敵デュラハンと遂に決着がつきましたね

しっかりコメディしながらもちゃんと戦闘が成立する展開がお見事でした!

この素晴らしい世界に祝福を! 6話

『この素晴らしい世界に祝福を!』6話「このろくでもない戦いに決着を!」ネタバレ的感想 ”クリエイトウォーター””スティール”でカズマ初めての大活躍

この素晴らしい世界に祝福を! めぐみん

話のコシはその都度ギャグに折られますが、その過程では各キャラたちの魅力がよく表れていました

今回皆カッコよかった気がします

それぞれが活躍していたというか見せ場があったというか

めぐみんもダクネスもアクア様もやりすぎなくらいド派手にやらかし、最後は皆の連携プレーで見事に魔王軍幹部を撃破しました

後半めぐみんはおねん寝だったけど、前半頑張ったよね(´・ω・`)

こういう言い方は失礼かも知れませんが、本当にムダな所やどうでもいい部分にもの凄く力が入っていて妙に感動しましたw

まあそれこそが個人的にこの作品の好きな所でもあるんですが

最後はカズマの必殺”スティール”でデュラハンの頭を奪うというスゴ技さく裂

ヒーローとは思えないゲス顔のダークカズマの誕生でした

2016-02-18 (50)

『この素晴らしい世界に祝福を!』6話感想:クリエイトウォーター祭り

この素晴らしい世界に祝福を! カズマ

前回5話のラストに発動した緊急クエストの続き、

デュラハンが現れたところからのスタートで1話丸々使っての大バトル回でした

今回はカズマが随分活躍しましたね

敵の弱点を素早く見抜いたり大した事のない能力を最大限活かして戦ったりまるで主人公…あ

なんでアンデッドが水に弱い設定なのかあまりピンときませんでしたが(誰か教えて下さいw)、それに気づいてからの怒涛の水攻めが凄かったです

この素晴らしい世界に祝福を! クリエイトウォーター

なんという”クリエイトウォーター”祭りw

この素晴らしい世界に祝福を! デュラハン

避ける時のデュラハンの動きがシュールで楽しかったです

こういう所丁寧に描かれているのがほんと好き

クリエイトウォーターからのフリーズとかテクニカルな戦法も現れ、一部水攻めされて喜ぶ人物まで現れる始末

この素晴らしい世界に祝福を! アクア様

アクア様が本作で初めて見せたカッコイイ泣き顔が「駄女神」と言われた事が理由なのが少々残念ですが、

水の女神としての力かアークプリ―ストの能力か、知力めっさ低いのにしっかり呪文唱えるアクア様の必殺魔法”セイクリッド・クリエイトウォーター”で敵味方全体はおろか街の外壁まで崩壊するほどの盛大なクリエイトウォーターの嵐でした

ここでやりすぎなければ3億エリスだったのに残念(´・ω・`)

『この素晴らしい世界に祝福を!』6話感想:キレためぐみん

この素晴らしい世界に祝福を!

前半はめぐみんの活躍が目立ち、また彼女のキレ顔という貴重なショットが見れました

「(名前と)頭のおかしい紅魔族」というネーミングはデュラハンのせいなのか、今までの彼女の行いから自然についたものなのか気になりますね

キャベツクエストでも爆裂魔法ぶっ放していたのでどちらとも予想し難いですが

さすがのエクスプロージョンもデュラハンを倒すまでには至りませんでしたが、アンデッド軍団を全滅させた功績はかなりのものです

”1日1回”という制限さえなければこういう広い場所での戦闘ではめぐみんは結構な戦力ですよね

そして今回めぐみんが爆裂魔法放つシーン、やたら気合い入っていた感じを受けました

なんか突然60fpsになったかと思うぐらい画がヌルヌル動いていて笑った

この素晴らしい世界に祝福を! めぐみん

この素晴らしい世界に祝福を! めぐみん

心なしか作画もすっごく綺麗に見えた気がしたんだが気のせいですかね?

「我が名はめぐみん!」から始まるエクスプロージョンがアンデッド軍団を直撃できたのは、一回目にデュラハンと遭遇した後も怠らずに続けていた爆裂魔法修行の賜物ですねきっと

デュラハンが舞い戻って来た理由は当然「死の宣告」を無視した事だと思っていたら、結局半分はコイツのせいだったとかw

「大きくてかたい物じゃないとガマン出来ない体に…」

お城の事です(`・ω・´)

この素晴らしい世界に祝福を! めぐみん

今後はもう城主がいないから撃ち放題ですね

6話ではお疲れさまでした

『この素晴らしい世界に祝福を!』6話感想:ダクネスの騎士道

この素晴らしい世界に祝福を! ダクネス

今回ダクネスが凄いカッコよかったです!

本当の意味で彼女が1番「笑いあり、涙あり」な感じだったんじゃないでしょうか?

突き抜けた変態性と仲間を思いやる優しさがどっちも溢れていて、なんというか惚れてしまいました

この素晴らしい世界に祝福を! ダクネス

ダクネスとデートして待ち合わせた時にこんな感じで手振られたい

ダクネスが生きていた事についてはデュラハンにとって「あ? あ゛? あーれえぇぇぇぇヒャハッ!!??」と声を上げるぐらい衝撃だったようですが、実際彼の心に火を付けたのはアクア様でした

カズマの時もそうですが、人を怒らせる能力に関しては天才的ですねあの駄女神様

そして騎士vs騎士で繰り広げられる迫力あるガチンコバトルが見ものでした

この素晴らしい世界に祝福を! 6話

まさか『このすば!』でこんなファンタジー風なバトルが見られるとはw

この素晴らしい世界に祝福を! ダクネス

立ち止まって構えていたデュラハンが「ファッ!?」と声が出るほどの命中率のひどさが圧巻でしたが、クルセイダーの本分を全うしようと仲間を守る姿がカッコ良かったです

剣の腕さえあればもの凄く優秀なのに、本当ままならないなカズマのパーティー(´・ω・`)

この素晴らしい世界に祝福を! ダクネス

最後も連携プレーにしっかり一役買っていたダクネス

「離せこのド変態騎士がッ!」

「なんという罵倒…」

最後のダクネスの涙にはうっかりやられましたね…

この素晴らしい世界に祝福を! ダクネス

デュラハンに斬られた過去の仲間達に祈りをささげるダクネスの姿が、なんというか美しくて感動しました

こういう純粋で真っ直ぐな所が魅力的ですよね

ダクネスさんは根本的な部分ではかなり人間の出来た人だと思う

まあ結局皆さんアクア様に蘇生してもらっていたワケですがw

むしろ良かったねダクネスさん

この素晴らしい世界に祝福を! ダクネス

祈りのついでに色々な自分の悩みまで暴露されてしまったダクネスは恥ずかしさMAXで

「違うかりゃっ! ふえぇ…」と自分の望む羞恥プレイとの違いを語ります

セリフがとてつもなく萌えすぎて思わずニヤニヤしてしまいました

『この素晴らしい世界に祝福を!』6話感想まとめ

この素晴らしい世界に祝福を! 6話

最後は皆で大団円でした

特別報酬の3億エリスの話が出たとたんにシビアな話を始めるところが最後まで『このすば!』らしい展開

結局魔王軍を討伐するまでこのパーティーからは離れられないカズマさんなんですね

今回6話は今までの集大成と言いますか、かなり力の入った作りになっていたように感じます

なんなんだこの素晴らしい世界は(`・ω・´)

6話まで観て、ようやく決意が固まりましたよ

「このアニメは最後まで観よう」

この素晴らしい世界に祝福を! 6話

ギャグテイストではあるけれど、ギャグアニメとかバトルアニメとかファンタジーとかそういう1つのジャンルにカテゴライズされるようなタイプではなく、

何が起こるか分からない、むしろ何でもアリなところがこの作品の魅力だと最近思うようになりました

爆笑な展開とか、はたまた大きい感動劇とか、そういったゴールを目指して走るストーリーではないからこそ、それぞれのキャラクターが自由奔放に動いてそこに人間らしさが生まれるような気がします

この素晴らしい世界に祝福を! ダクネス

既存のRPGから逸脱したオープンワールド系ゲームをプレイした時のような面白さでしょうか

”その世界での生活”そのものを楽しむという若干新感覚のアニメですねこれは

7話からもどういう展開になっていくのかまるで予想が付きませんが、

次回もアニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』楽しみにしたいと思います

最後まで読んでいただきありがとうございました

スポンサーリンク

コメントは交流・情報交換等の場としてご利用していただければ嬉しいです。コメントは承認制ですので反映されるまでしばらくお待ち下さい。

※なお、誹謗中傷などの読んだ人が不快になりそうな内容のコメントは、編集もしくは削除する場合がある点についてはご了承くださいm(__)m

まったりと居心地の良い空間になれば幸いです!

フォロー・購読

コメント

  1. えたんだーる より:

    今回でちょうど原作1巻を消化したので、「集大成」というのはそうかもしれません。

    • noe より:

      ちょうど1巻だったんですか!
      原作未読ですがそれなら内容が豪華だった事にも納得です
      アニメは全10話みたいですがキリのいいところまでいってほしいものですね

  2. ナイフ より:

    デュラハンの伝承に流れる水を渡れない と言うのがあるらしいのでそこからの解釈じゃないですなね
    水が弱点

    • noe より:

      >流れる水を渡れない
      そんな伝承があったんですね
      ファンタジー系のゲームとか好きなんですが勉強不足でしたw
      弱点をすぐ見抜けるカズマさんの知識に感服です

  3. えたんだーる より:

    (私も含めて)多くの原作既読者の想定では、10話は原作2巻最終エピソードじゃないかと言われています。

    本作は原作既読でもけっこう楽しめています。制作スタッフはなかなか優秀ではないでしょうか。

    • noe より:

      残り4話で1冊だと結構詰め込んだ内容になりそうですね
      >制作スタッフはなかなか優秀…
      そう思います
      低予算とか言われているわりには今期の中では割と丁寧に作られている感じですね
      バトルにおいても動きは少ないですが作画は悪くないと思います

  4. えたんだーる より:

    今回も前回でミツルギの魔剣グラムを売り払ってしまった事がデュラハンとの戦闘時に加勢してもらえないことの伏線になっていたわけですが、そういう原作のコメディらしからぬ(?)隙のなさが好きです。

    そしてアニメ化にあたっても(今回カズマがミツルギの名前を耳にして動揺したように)そういう地味な隙のなさはちゃんと受け継がれていて、各話だけでなくシリーズとしてちゃんと楽しめる作りになっていると思います。

    そして限りある作画リソースの配分も隙がない(笑)。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。