アニメ『彼女と彼女の猫』4話ネタバレ的 感想 巡り合い

『彼女と彼女の猫-Everything Flows-』4話「彼女と彼の物語」感想。

わずか4話ですが、今回を以て最終回。

ただ個人的には最高の1作だったと思います。

スポンサーリンク

アニメ『彼女と彼女の猫-Everything Flows-』4話ネタバレ的 感想

彼女と彼女の猫-Everything Flows-

とりあえず、最後に素晴らしい演出を与えてくれた新海誠さんにありがとうと言いたい。

今までただの原作改変モノだと思っていたこの作品ですが、そんな事はありませんでした。

同じ作品世界においてダルにはしっかりとダルの人生があり、そして彼女と親密に繋がっていて、今回の『彼女と彼女の猫-Everything Flows-』は、あの不朽の名作『彼女と彼女の猫(原作)』にて結ばれる。

原作は第1話であり、また第5話だったんじゃないだろうか。

綺麗に終わらせると同時に、星を巡るような2人の出会いに始まりを感じさせてくれたこの作品が僕はとても好きです。

エンディングにはスペシャルサンクスに「新海誠」の名前が現れ、その後、新海誠自身が一匹の白猫の声を務めます。

原作を知っている者にとっては何とも感慨深い演出だろう。

彼女と彼女の猫-Everything Flows-

そしてそのモノローグを以て初めて、本作品と原作が1つに繋がるという最高の展開でした。

非常に短いアニメでしたが、過去の原作も含めこの作品に出会えてとても良かったと思います。

『彼女と彼女の猫-Everything Flows-』4話 あらすじと感想

今回は特にあらすじというにも短過ぎるストーリー。

出会いと別れ、というよりは僕は「巡り合い」というイメージを受けました。

彼女と彼女の猫-Everything Flows-

疎遠になっていた彼女と彼女の母親は、1通の無言電話をきっかけに巡り合った。

心配が先走って母親が彼女の家に押しかけてしまった訳ですが、お騒がせ者はダルだったようです。

久々に2人が顔を合わせる事が出来たのがダルの意思によるものかどうかは本人にしか分かりませんが、ダルのおかげで2人はきっかけを持てました。

彼女と彼女の猫-Everything Flows-

彼女も、母親も、2人はあの頃と同じ笑いを浮かべて、それを見てダルは安心していた。

「2人はもう、大丈夫だ」と。

「僕は、彼女の匂いに包まれながら、これまでで一番の眠りについた。

深く、長い、安らかで幸せな眠り」

彼女と彼女の猫-Everything Flows-

ダルは彼女の腕の中で静かに眠りにつきました。

ここから、ダルの時間は彼女と交わらなくなった。

彼女と彼女の猫-Everything Flows-彼女と彼女の猫-Everything Flows-

ダルがいなくなっても彼女の時間は動き続けます。

彼女はスーツに身を包み、笑顔で外の光の中へと飛び出した。

そして世界は動き、2人は巡り続ける。

彼女と彼女の猫-Everything Flows-

最後は一匹の白猫のモノローグを以て、この物語は幕を閉じます。

「季節は春の初めで、その日は雨だった。

柔らかな雨のカーテンの下で、僕は決して思い出せない長い旅の事を考えていた。

長い長い旅の果てに、僕はここに辿り着いた。

いろんな事を忘れてしまったけれど、微かに覚えている事がある。

――彼女の匂い。

地軸が音も無くひっそりと回転して彼女と僕の体温は世界の中で、静かに熱を失い続けていた。

僕らの熱が、吐く息が、星を巡るように、僕も彼女も星を巡り、もう一度出会うためにここにやって来た。

その日僕は、彼女に拾われた。

だから僕は――彼女の猫だ。」

彼女と彼女の猫-Everything Flows-

アニメ『彼女と彼女の猫-Everything Flows-』感想 おわりに

最後は泣けました。

ただ、ダルが死んで悲しいとかそういうのでなく、この作品が持つ温かい世界に感動した。

彼女と彼女の猫-Everything Flows-

彼女が新しく出会った白猫は、原作の「彼女の猫」なのでしょう、きっと。確証はありませんが。

もう一つ不確かな「ダルの生まれ変わり」かも知れないという考察も出来ますが、それはこの世界における神様、もしくは新海誠のみぞ知るところでしょう。

ただ、最後の新海誠の語りを聴く限りでは、ダルと彼女はまた巡り合ったのだと認識して良いのだとは思います。

スポンサーリンク

さて、今回を以て今期の『ウルトラスーパーアニメタイム』は完全に終了。

『教えて!ギャル子ちゃん』『石膏ボーイズ』『彼女と彼女の猫-Everything Flows-』とあまりに毛色の違う3作でしたが、どれも良作だったと思っています。

次回からのラインナップ、『神撃のバハムート』の無期限延期によってまだ定まっていないようですが期待したいと思いますw

それでは、全4話感想最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

フォロー・購読