今期の覇権は『僕だけがいない街』で決まりかな?

今日はランキング系の記事とか作りたかったんですが、時間的に厳しかったのでなぜかこんな唐突なタイトルでの記事となりました…w

今期の覇権は『僕だけがいない街』で決まりかな?

今年の冬アニメも一通り第1話の放送終了しましたね。

というかすでに半分ぐらいは第2話の放送が始まっています。

前期に比べて今期アニメに感じることは…

なんという不作(´・ω・`)

いや個性的な作品は多いと思いますがね、なんというか大作感が無いんですよ。

京アニまでも自分の乳揺らしながら呪文唱えるようなアニメ作るとかもうね、

そういうのはもっと豊作のシーズンにやってくれよとw

期待していた作品は『ハルチカ』、『だがしかし』、『無彩限』あたりだったんですがこの中では『だがしかし』に1票かな。

そんなラインナップの中で今回のノイタミナ『僕だけがいない街』は頭一つ抜けていると思いますね。

決して前評判先行の作品ではない、ちゃんと作品世界に引き込んでいくオーラがこのアニメには溢れていると感じました。

まず1話1話の構成が非常にうまくまとまっていますよね。

第1話で言えば、「怖い。自分の心に踏み込むのが怖い。」という出だしから視聴者を一気に掴んでいます。

リバイバルという謎めいた能力で序盤から暴走トラックとのアクションシーン、一見捉えにくそうなバイト先の女子高生との交流、何気ない日常の陰に潜む忘れたい過去の記憶。

要所に先が気になる展開があってよく出来てるなあと思います。

更に最後にタイムスリップという衝撃の結末で締めくくるという壮大な「出だし」感。

今までのは序章でこれから話が進むんだぜと言われているような終わり方は観ていた人の期待を大きく煽ったのではないでしょうか?

『最弱無敗』とか『ブブキ・ブランキ』なんかも割と面白いんですが、

やっぱ僕街はレベルが違う作品っで感じします。

小学生5年生において29歳の主人公をときめかせたヒロインの雛月も、一見シリアスでありながらも今期最強の萌えヒロインである事は間違いありませんw

3月には実写映画も公開されますし、今期アニメで覇権を取る作品があるとしたらおそらく『僕だけがいない街』ということになるでしょう。

ノイタミナは名作が多すぎて歴代作品と比べるとそんなに目立たないかも知れませんが、今回もいい原作を見付けてくれたものです。

第1話「走馬灯」、第2話「掌」と放映されました。

主人公・藤沼悟が「未来を変えたい」と強い決意を持った上で第2話は終わり、

第3話は一体どのような展開になるのか、今から非常に楽しみでなりません。

睡魔限界の中でか書いたせいかとりとめのない文章になってしまったなあ…(´・ω・`)

アニメ『僕だけがいない街』1話ネタバレ的 感想 壮大な序章
2016年1月よりノイタミナ枠にてスタートしたアニメ『僕だけがいない街』の視聴感想です。 実はアニメ化以前に買っていた...
アニメ『僕だけがいない街』2話ネタバレ的 感想 私だけがいない街
アニメ『僕だけがいない街』2話「掌」感想です。 今回はタイムスリップした悟の過去、18年前のお話。 小学生って意外と大人だなと感...

スポンサーリンク

フォロー・購読