『ハイスクール・フリート』(はいふり)7話ネタバレ感想!シロちゃん頑張ったね

アニメ『ハイスクール・フリート』(はいふり)7話「嵐でピンチ!」の感想です。

4月22日20:30からのスタートという事で前回からやや進んでいる感じですが、この作品についての日付ってあまり意味が無い気もしてきましたw

機雷群は無事切り抜けた…って事でいいのかな?

やや説明不足感はありますが、「はいふり」7話について書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

『ハイスクール・フリート』(はいふり)7話のネタバレ感想!あらすじは?

はいふり7話

『はいふり』7話ではシロちゃんがピンチに陥る展開となりました。

「新橋商店街船」という色々ツッコミどころの多そうな船が座礁し、晴風の救助隊が向かい順調に進むも、まだ小さい子供が取り残されていると知ったシロちゃん&ミーナちゃんが助けに向かうというベタながらも熱い展開でしたね。

前半ではタンクの故障により水が使えなくなるというドタバタがあったり、入浴や水着シーンも多くて萌え成分は高かったと思いますw

ただ、本編の進みの遅さは相変わらずですね(^^;

本当のあらすじ的な意味で進展があったのは、美波さんがネズミをブルーマーメイドに渡した事ぐらいかと。

はいふり7話

それにしても美波さんレポートまで書き上げるとか能力の高さ凄まじい。

本当に成績底辺なのか?と疑いたくなるレベルですw

そういえば自身に投与したワクチンについては全く触れられてませんでしたね。

はいふり7話

「助かったにゃあ、良かったにゃあ」

とりあえず今回はシロちゃん本当に頑張ったね!といったところでしょうか。

自分の中では既に艦長よりもシロちゃんの方がだいぶ好感度上がってしまった感じです。

次ページでは『はいふり』7話での癒されシーンに触れてみますw

スポンサーリンク

フォロー・購読