アニメ感想『ハイスクール・フリート』(はいふり)4話ネタバレ風

アニメ『ハイスクール・フリート』4話「乙女のピンチ!」の感想。

紙(笑)が無くなったり、危険な生物兵器っぽいものが紛れ込んだり、補給に来た明石&間宮を暴走したタマちゃんが攻撃しちゃったりと忙しい4話でしたが、今まで四面楚歌だった晴風にも理解者達が現れた事でストーリーに一区切り着いたように思います。

それにしてもタイトルの「乙女のピンチ!」って主に1部分だけじゃないですか!

スポンサーリンク

アニメ感想『ハイスクール・フリート』(はいふり)4話ネタバレ風

うーん、トイレットペーパー騒動から始まりネタ回、もしくはほのぼの回かと油断していたらしっかり本編進んでましたね。

唐突に漂流してきたネズミが結構、いや結構どころじゃない重要なポジションにいるように感じられましたが、アイツは何者なのだろうか。

はいふり4話

謎の能力? なのかウイルス性の効果によるものなのか、如何にして人を変貌させるのかは分かりませんが、どうやら人間を人が変わったように激しく興奮させるような危険な存在であるもよう。

タマちゃんはクンカクンカされているぐらいにしか見えなかったけど、本当謎なネズミですね。

ミーちゃんに投げ落とされたタマちゃんが水上ジャンプで戻ってきたシーンは超人的過ぎて固まってしまいました。

あれ一体どうやったんだろうwトビウオの要領か?

でも無事に帰ってきて良かったね。

はいふり4話

『ハイスクール・フリート』(はいふり)4話からみる考察

さて、タマちゃんが突如補給艦に発砲するような事態になった事を見て思うのは、ミーちゃんが乗っていたアドミラルシュペーが晴風を襲ってきた時の様子に重なる可能性があるという点。

猿島の場合についてはおそらく意図的に晴風を襲ったようだったから別と思いますが。

第3話でミーちゃんは「合流地点に向かっていたんだが、突然電子機器が動かなくなって調べようとしたら誰も命令を聞かなくなった」と話しています。

これだけなら計画的反乱とも考えられるけど、その後シュペーは突如白旗揚げている晴風に主砲ブッ込んできたわけだし、船員が正気を失っていた可能性は高い。

ストーリー展開的に考察すれば、潜水艦伊201についても無意味に戦闘が起きたわけでなく、そのウイルス的な物で狂った学生達が攻撃を仕掛けてきたっていうパターンかも知れない。

一応、晴風から先にアクティブ・ソナーを発射したわけだから言い切るのは難しいけど。

やっぱりネズミ捕りは必要ですねw

はいふり4話

ネタが豊富だった『ハイスクール・フリート』4話

「私、本当は武蔵のSOSに応えたいの!」

今回もココちゃんの一人芝居がブレイクして楽しかったです。

はいふり4話

4話ではココちゃん、メイちゃん、マロンちゃんが光っていたかなあ。

元々存在感のある3人ですけどね。

メイちゃんは「心に撃て撃て魂があるんだよ!」とさりげなく名言を残してくれました。

撃て撃て魂」、発砲大好きなメイちゃんを象徴するような言葉が出来て嬉しい。

はいふり4話

はいふり4話

メイちゃんマジ可愛いです、1番好きです~

ついで今回のマロンちゃん江戸っ子魂シーン集↓

(トイレットペーパーを好き勝手使う女子達に対し)「ったくどいつもこいつもスットコドッコイだなあ!」

はいふり4話

(トイレットペーパー募金に対し)「宵越しの金は持たねえ!」

はいふり4話

そして日光浴を楽しむ皆とは反対に、外より落ち着く機関室でイスを3つ並べて寝るマロンちゃん、江戸っ子やなあ(`・ω・´)

はいふり4話

今回4話では「日本トイレ連盟によると、女性が1日に使うトイレットペーパーの長さの平均は12.5m」という情報がありました。

日本トイレ連盟という団体はこの作品世界のみに存在する架空の組織ですが、実際には日本トイレ協会なるものが存在し、そこで出している日本人女性の平均トイレットペーパー使用量も同様に12.5mだそうです。

ちなみに男性が女性に対してトイレットペーパー使用量を質問するのはNGですよ!

はいふり4話

スポンサーリンク

『ハイスクール・フリート』(はいふり)4話 感想まとめ

ココちゃんのジンバブエドルすげえ笑ったw

はいふり4話

彼女の場合ネタとして仕込んでいるのか、ガチなのか謎です。

現在は廃止されているようですが、あくまで日本円に換算すると300兆ドルで1円とか。

後半登場した明石&間宮は艦これファンには嬉しい展開だったんじゃないでしょうか。

はいふり4話

はいふり4話

これ以上新キャラ増やさんでくれ…と思いつつ、明石艦長凄いカワイイですね。

とても好みなキャラデザと雰囲気でした。

武蔵は無事なんだろうか…。

親友と嫌なカンジでの再会という線が濃厚な気がする。

それでは次回5話も楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク

フォロー・購読