アニメ『だがしかし』8話ネタバレ的 感想 臆病なサヤ師

だがしかし8話

アニメ『だがしかし』8話視聴感想です。

ほたるに抱き付くサヤ師に萌えた。

今回はうーん、フツーというか、パンチが利いていませんでしたね。

イマイチなストーリーを豆のリアクションで乗り切っていたようなそんな感じがしましたw

アニメ『だがしかし』8話ネタバレ的 感想

だがしかし8話

今回のエピソードは

  • 「超怖い話ガムと台風と…」
  • 「けん玉とプチプチ占いチョコと…」

の2本でした。

なんとなく、前半はインドア、後半はアウトドアというイメージ。

今回はやたらとテンション高い豆くんが全体的に目立っていたような気がします。

だがしかし8話

怖がるサヤ師とか、けん玉を鮮やかにブンブン振り回すサヤ師とか、豆を蹴り飛ばすサヤ師とか、見どころたっぷりでした。

『だがしかし』ネタバレ的 感想「超怖い話ガムと台風と…」

だがしかし 超怖い話ガム

台風の中で怖い話…

女の子ばかりの日常系アニメにありがちな展開ですが、今回はほたるにユリユリなサヤ師が可愛らしかったのでアリといえばアリ。

自分がこの席にいたならば「おいほたる、ちょっとそこ代われ」と言っていたハズです。

だがしかし8話 サヤ師

「超怖い話ガム」という駄菓子が自分的には新鮮でした。

たまーに一時的な付録として小冊子なんか付いているお菓子(ミルクキャラメルとか)はありますが、コレはインパクトありまくりですねw

トップ製菓のホームページに載っていますが、パッケージが怖すぎる。

40円で1話読めるんならコンプしてみたい気もしますね。

スーパーとかに売ってるんかな…?

ひたすらサヤ師が可愛い回と言えばそれまでなんですが、何か退屈というかストーリー展開に乏しい感じもしましたね。

ココノツの駄菓子オタクぶりとか、ほたるの奇人ぶりが弱い気がするのが少し残念。

ってか最近ほたるマトモすぎませんか?

こういう時は駄菓子屋の跡継ぎをかけて「怖い話対決」でも持ち出してくるのがいつものほたるさんだと思うんですが。

サヤ師にキャラ負けしつつある気がする。

だがしかし8話 ヨウ

最後のヨウさん登場が面白すぎるww

ここは声出して笑ってしまいました。

男性キャラのファンになる事は少ないですが、ヨウさんほんと好きです。

こういうお父さん憧れますよね。

『だがしかし』ネタバレ的 感想「けん玉とプチプチ占いチョコと…」

だがしかし8話 サヤ師

けん玉熱い…って回かと思えばそうでもありませんでした。

でもサヤ師けん玉捌きすげえ…

まるで腕が3本ぐらいあるんじゃないかと。

けん玉って全くと言っていいほど興味が無かったので知らなかったのですが、級位や段位といったものがあるようです。

「とめけん」とか「すべり止め極意」とか「つるし一回転飛行機」といった技を、10回の試技の中で既定の回数をクリアしていくと得られるらしい。

ちなみにけん玉には各部位に名前がある。

けん玉の各部位の名前出典:愛媛県けん玉協会

「もしかめ」という技はけん玉の部位のうち、”大皿”と”中皿”に交互に玉を乗せる技で、最高段位の六段を得るにはこれを1000回連続で成功させないといけないらしい。

1000ってなんだよw 無理ゲーw

サヤ師は控えめに見積もっても初段ぐらいの実力はありそうですよね。

だがしかし8話 サヤ師

構えがカッコ良すぎる。

可愛い上にカッコイイってのは反則ですね。

けん玉回に続いて、後半は豆くんとココノツの男同士ならではのアホトーク、もとい、「プチプチ占いチョコ」を使って夢のあるトークが展開されていました。

だがしかし8話

このあたりで思ったけど、ココノツがイマイチキャラとして面白くないのは健全過ぎるからではないだろうか。

己に忠実な豆くんに比べてバカになりきれないというか。

豆くんが”坂本雄二”だとすれば、ココノツはもっと”吉井明久”に近付くべきなんですよ。

『無彩限のファントム・ワールド』と主役の声優を入れ替えればちょうどいいかも知れません。

こういうギャグ作品で主役を張るなら、もっと全力でほたるのパンチラを拝みに突き進まなきゃ。

だがしかし8話 ほたる

話が脱線しました。

意味が分からなかった人はごめんなさい。

最後のほたるが放った「またあとでね!」が凄く可愛らしかったです。

ちょっと萌え死にかけました。

結局”見えなかった”という事でFAなんでしょうか?

『だがしかし』はこの辺結構キビシイですね。

『だがしかし』8話 感想まとめ

だがしかし8話 サヤ師

最近サヤ師の出番が多くなってきて嬉しい限りです。

何か今回は割りとアッサリしていましたね。

今後もこういった日常系風なテイストでいくんでしょうか?

「超怖い話ガム」がインパクトあり過ぎて面白かった半面、「プチプチ占いチョコ」は弱かったかな。

でも豆くんみたいにああやって盛り上がりながら食べると面白そうですね。

今度1人でやってみようと思います!

だがしかし8話

ほたるは回によってメリハリある感じですが、ココノツはやっぱりどうしてもキャラが立っていないというか、いわゆる”空気系”主人公になりつつあるように感じる。

それ自体がネタなら味にもなるんですけどねw

そろそろぶっ飛んだキャラを見せてくれてもいいんじゃないかな?

そんな期待を込めて次回9話も楽しみにしたいと思っています。

次回9話は「わたパチとうんチョコと…」

わたパチって口の中で激しくパチパチするアレですよね?w

面白いエピソードが期待できそうです。

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントは交流・情報交換等の場としてご利用していただければ嬉しいです。コメントは承認制ですので反映されるまでしばらくお待ち下さい。

※なお、誹謗中傷などの読んだ人が不快になりそうな内容のコメントは、編集もしくは削除する場合がある点についてはご了承くださいm(__)m

まったりと居心地の良い空間になれば幸いです!

フォロー・購読

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。