『ブブキ・ブランキ』第1話感想 熱い展開の秀作アニメ

ブブキ・ブランキ 画像

2016年冬アニメ、オリジナルアニメ枠の『ブブキ・ブランキ』視聴しました。

『ブブキ・ブランキ』第1話感想

一言でいえば非常に熱い展開のアニメですね。

ひと昔前の正統派な良き熱さを感じますが、バトルの方は今風に洗練されたスタイリッシュなアクションをド派手に表現しています。

1話時点では薄っぺらなギャグや萌え表現は一切無く、終わりまで一気にシリアス展開で突き進んでいきました。

ロボットアニメのような熱さをそのままバトルアニメに持ってきたような感じでしょうか。

まだまだ序盤といった感じでキャラ同士の相関関係や設定の大半は不明に終わりましたが、

公式と読み合わせてストーリーを整理すると、

主人公の一希東は10年前、故郷の宝島でブランキによって母・汀(みぎわ)と生き別れになります。
ブランキはロボットのような古代兵器のような雰囲気で、公式見ても詳しく書かれていないので詳細不明…

ブブキ・ブランキ 画像

ブブキ・ブランキ 画像
話は10年後に飛び、どこか外国にいたらしい一希東は10年ぶりに日本に帰国。

帰国と同時に一希東は警察に追われ捕まってしまい、自分の母親を魔女呼ばわりされながら「ブブキ」を出せと尋問を受ける。

身に覚えのない尋問に困惑していると幼馴染の朝吹黄金という少女が助けに現れ

「ブブキ」を用いてド派手に敵をブッ倒します。

そこからは逃亡の過程でキャラクターがどんどん集まり他のブブキ使い達と一緒に追手を払いつつ無人コンビニを利用したアジトへ逃げ込むも、

同じくブブキを用いる強力なおっさん銃使いに攻め込まれビルから大ジャンプして今度は新宿地下に到達します。

さらにおっさんに攻め込まれピンチに陥っている所、

自分もブブキ使いだと知らされた一希東はブランキ「王舞」を復活させるため仲間の援護のもとブランキの牢獄へと走り出す。

といった内容でした。

設定がイマイチ分からんから説明が稚拙ですみません(´・ω・`)
これは第3話あたりまで観ないと全貌が掴めなさそうです。

逆に久々に気合いの入ったオリジナルアニメを観た気がしますね。

サンジゲン制作のアクション作品は『蒼き鋼のアルペジオ』以来で、

10周年記念作品という事ですからやはり力がこもっているんでしょう。

OP主題歌「Beat Your Heart」は鈴木このみさんが歌っており、

内容にマッチしたカッコイイ曲でした。こちらは1月27日発売予定。

鈴木このみさんは『ノーゲーム・ノーライフ』の主題歌でも有名ですね。

第2話が早く観たい…ってかこの内容なら初回1時間でやって欲しかったな(´・ω・`)

スポンサーリンク

フォロー・購読