アニメ『僕だけがいない街』3話ネタバレ的 感想 ”Xデー”

アニメ『僕だけがいない街』3話「痣(あざ)」の感想です。

3話までの雛月加代についての考察や、藤沼悟の進捗状況も整理してみようと思います。

アニメ『僕だけがいない街』3話「痣」ネタバレ的 感想

僕だけがいない街3話

第3話「痣」。

エピソードタイトルから連想できる辛いシーンや悲しいシーンが多かったですが、ラストシーンは最高でした。

あの冴えない29歳が女の子にこんな素敵な演出を見せられるなんて…

2月に見るクリスマスツリー、素晴らしい。

僕だけがいない街3話

無骨な木の枝に垂れ下がった氷柱(つらら)が、晴れた星空によく照らされ美しく煌めいていました。

大自然が織りなす最高のイルミネーションですね。

トナカイならぬ2頭のキタキツネに歓迎されて、思わず藤沼に抱き付く雛月が可愛かったです。

まだ心が壊れずに、こういった日常を楽しむ事が出来ている今のうちに雛月を救って欲しいと思いました。

3月1日、Xデー。

これから藤沼がどういったアクションを起こしていくのか見ものです。

3話「痣」Xデーについて

僕だけがいない街3話

雛月加代が失踪する日。

藤沼が”Xデー”と呼ぶその日は1988年の3月1日と分かりました。

これが3話での最も大きな成果だと思います。

話を少し整理してみると、藤沼悟が「リバイバル」によってタイムスリップした日が1988年2月15日。

雛月が失踪する前の月です。

藤沼が過去に来た時点では、雛月の姿を公園で最後に見たのが3月だったという事しか情報がありません。

藤沼の目的は、過去に自身がやらなかった行動を起こし、それによって雛月の行動も変え、事件そのものを回避する事。

雛月と接しているうちに彼女自身も助けたいと思い始めたようですが、事件を回避する当初の目的は母親・佐知子を助ける為です。

そして事件を防ぐための情報として、まずは雛月が失踪する”Xデー”を突き止める必要がありました。

今回3話で、被害者3人のうち雛月の死亡当時の年齢が、他の2人より1つ下の10歳であった事を思い出した藤沼は、彼女の誕生日が3月である事を確信。

僕だけがいない街3話

調査の結果、雛月の誕生日が自分と同じ3月2日であるという事が判明します。

  • 雛月加代の失踪は3月
  • 誕生日が来る以前に失踪(死亡?)
  • 誕生日は3月2日

この3つの事実より、藤沼は”Xデー”が3月1日であるという考えに至りました。

雛月加代の痣(あざ)

2話でも一部現れていましたが、雛月加代の身体中に出来た痛々しい痣にかなりのインパクトを受けました。

非常に嫌なテーマですが…

ただ、この「痣」はストーリーの中で強いメッセージ性を持っていたと思います。

藤沼は、雛月の身体に出来た痣や文集の内容から、おそらく彼女が両親から虐待を受けているという事を推理していました。

3話でも藤沼は直接現場を見たわけではありませんが、それに値する衝撃的な彼女の姿に遭遇します。

僕だけがいない街3話僕だけがいない街3話

今まで露出していたのはごく一部だったと言わんばかりに浮き出る数多くの痣と生傷。

母親が登場し自分も「こいつ…」と思いましたが、藤沼が代弁してくれましたw

雛月が暴行されるのは主に土曜日のようで、この時は顔にまで怪我が及ぶ。

原作の内容によると母親は基本18:00出勤。

雛月は普段下校時間から当分の間、公園で時間を潰すために平日は母親と顔を合わせるタイミングは少ないよう。

ただ毎日スムーズにいくとは限らないし、父親がどういう生活スタイルなのかも不明なので、安全な日はおそらく無いといっていい。

僕だけがいない街3話

雛月は月曜日に遅刻・欠席が多いが、これについては顔の怪我の具合によって決まるようです。

藤沼が雛月の母親と出会った週明けの月曜日、遅刻してきた雛月は顔こそキレイだったものの、首裏には痛々しい痣が残っていました。

『僕だけがいない街』3話 感想まとめ

僕だけがいない街3話

暗い展開に気が滅入りそうですが、ストーリーは順調に進行していると感じます。

テンポが良く、構成は分かりやすくて演出も上手い。

藤沼悟と雛月加代の独特なキャラ設定にもよりますが、シリアスとギャグのバランスも丁度いいですね。

ギャグと言っても大体は「声に出てた…」「バカなの?」の2パターンですがw

原作と見比べてみると、端折られている部分や順番が変化している部分もあり、アニメはアニメで楽しめるような作りになっているのかなと思います。

ただ、伏線は原作の方がかなり多く盛り込まれているように見えますね。

とにもかくにも先が気になる内容です。

早くアニメ追いつきたいけど、感想書きながらじっくり考察も楽しいので今週中に追いつくのが難しそう…

3話は内容的には重い部分が多かったですが、最後のツリーを眺めるシーンが凄く良かったですね。

雛月は笑うと本当に可愛い。

僕だけがいない街3話

29歳同士で「バカなの?」と言えるような未来になって欲しいところ。

それでは4話も楽しみに視聴しようと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントは交流・情報交換等の場としてご利用していただければ嬉しいです。コメントは承認制ですので反映されるまでしばらくお待ち下さい。

※なお、誹謗中傷などの読んだ人が不快になりそうな内容のコメントは、編集もしくは削除する場合がある点についてはご了承くださいm(__)m

まったりと居心地の良い空間になれば幸いです!

フォロー・購読

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。