【おすすめアニメ】『バカとテストと召喚獣』を評価(ギャグ系)

今日は至高のギャグアニメを1作紹介します

至高のギャグアニメ『バカとテストと召喚獣』を評価する

バカとテストと召喚獣

最高に面白いバカアニメ『バカとテストと召喚獣』を評価します

このアニメは今までに観た作品の中でも特に上位に推せる素晴らしいアニメで、

自分の中ではジャンルの垣根を超えた名作と言えます

ちなみに原作は小説ですが、コミック版も秀逸な出来になっています

この作品、ギャグ系としても極めてレベルの高い内容ですが

ジャンル的には学園ラブコメといっていいかと

特に後半は主人公と2人のヒロインとのラブコメが進行していきますからね

バカとテストと召喚獣

「試験召喚システム」という最先端の技術をはじめ

様々な制度を実験的に取り入れている文月学園が舞台

この学校では毎年新学期に”振り分け試験”を行い、

成績順に上位Aクラスから最下位Fクラスまで各生徒が振り分けられます

各クラスの設備も、

上位の教室は冷暖房完備でシステムデスクにリクライニングシート、

下位は畳に卓袱台、窓ガラスからは隙間風といった具合です

ヒロインの姫路瑞樹(ひめじみずき)

成績優秀にも関わらず理不尽にFクラスに振り分けられてしまい、

主人公の吉井明久(よしいあきひさ)が彼女の為に立派な設備を取り戻してやろうと

奮起するところから物語は動きます

個性豊かすぎるFクラスメンバーと共に送るとてつもなくバカな日常と、

学力が無い分知恵を振り絞って戦う”試召戦争”が見どころです

バカとテストと召喚獣

細かいネタの1つ1つも面白いですが、

1エピソードを使った壮大なフリからの残念なオチが毎回非常に笑えますね

Fクラスのメンバーはなんだかんだ仲間想いの人間が多く、

元々縁が無かったはずの姫路さんもFクラスが大好きになっていき

ストーリーが進むほどに教室に一体感が生まれていきます

観てるこっちも徐々にFクラスが好きになってしまい

最終回を迎えるのが辛くなってくるほどw

バカとテストと召喚獣

基本的にはバカ過ぎるぐらいバカな事をしているアニメなんですが、

キャラクターが非常に魅力的なため

笑いだけでなく時に大きい感動が生まれたりする作品でもあります

ラブコメ好きにも十分おすすめできますね

おすすめポイント1:独特なシステムが面白い

上に挙げた「試験召喚システム」がこの作品をオリジナリティ溢れるものにしています

『バカとテストと召喚獣』の舞台である文月学園では

「試験召喚獣戦争」通称「試召戦争」なる制度が存在

姫路瑞樹

これはテストの点数に応じた攻撃力を持つ召喚獣同士で戦い、

下位クラス上位クラスに勝利すると

教室の設備を入れ替える権利を手にする事が出来るというものです

単純に考えれば総合的に成績上位クラスの方が有利ですが、

  • クラス代表の敗北によってのみ勝敗が決定
  • 科目選択が可能
  • 召喚獣が死なない限りは何度でも点数の補充が可能

といったルールの一部に着目する事でだいぶ戦略が広がっていき、

Fクラスの立てるムチャクチャな作戦

時に失敗したり笑えたりでとても面白いです

「召喚獣」自体はシンプルな能力しか無いので

勝敗を握るのは最終的に各クラスの戦略にかかるという感じですね

この独特な設定が本作を楽しいアニメに仕上げています

おすすめポイント2:個性豊かなキャラクター

バカとテストと召喚獣

『バカとテストと召喚獣』のキャラクターは個性的で面白い

ラノベラブコメとなると大抵キャラの大半が女性ばかりですが、

この作品の場合魅力的な男キャラも多数登場します

坂本雄二

Aクラス相当の実力を持つ姫路瑞樹(ひめじみずき)

過去に”神童”と謳われたFクラス代表・坂本雄二(さかもとゆうじ)

日本語が読めなくてテストが解けない帰国子女の島田美波(しまだみなみ)

保健体育に関しては専門家レベルの知識を有する土屋康太(つちやこうた)

もはや男の娘というレベルを超えた美少年の木下秀吉(きのしたひでよし)

など時には上位クラスでさえ畏怖するポテンシャルを持った人物も多数存在し、

試召戦争ではそれぞれが長所を活かして大活躍します

ちなみに主人公の吉井明久は何の取り柄もない生粋のバカです

サブキャラにもヤンデレや”鉄人”の二つ名を持つ担任教師など

個性的な人物が多数存在

基本的にはFクラスの6人をメインに文月学園での生活が描かれていきます

おすすめポイント3:ギャグのレベルが高い

ムッツリーニ

冒頭から終わりまで本当に笑わせてくれるアニメです

原作小説読んでも大爆笑でした

1話まるまる使って学年男子全員での風呂覗きなど壮大なネタもありますが、

基本的にはバカな行為に全員で率先して参加し

イタイ目を見るような内容が多いです

『男子高校生の日常』とかああいうノリですねw

吉井明久

ただ、ネタに頼るというよりは

演出やキャラの個性を上手く使って笑いを取るパターンが多いので

飽きる事なく観続けられます

終始ギャグ展開というわけではなく真面目なシーンはしっかりシリアス展開してくれるので、

全体的にはよくバランスの取れた内容となっているところも1つのおすすめポイントです

『バカとテストと召喚獣』まとめ

美波&美春

楽しすぎるキャラ同士の掛け合いの中に

先が気になるストーリーが上手く織り交ぜられながら、

”試召戦争”という独自要素と共に丁寧に展開していく学園ラブコメ

『バカとテストと召喚獣』はそんなアニメです

初めてこの作品を観た時は作者の発想力が凄いなあと感激しましたw

ちなみに原作を書いた井上堅二さんは同制作会社の作品

『プリズマ☆イリヤ』シリーズの構成・脚本も務めています

こちらもめちゃめちゃ完成度の高い作品ですね

学校の勉強は確かに大事だけれど、

「学力だけが全てじゃない!」という事を理解させてくれる

勉強や仕事に疲れた方には特におすすめのアニメです(`・ω・´)

吉井明久&姫路瑞樹

スポンサーリンク

コメントは交流・情報交換等の場としてご利用していただければ嬉しいです。コメントは承認制ですので反映されるまでしばらくお待ち下さい。

※なお、誹謗中傷などの読んだ人が不快になりそうな内容のコメントは、編集もしくは削除する場合がある点についてはご了承くださいm(__)m

まったりと居心地の良い空間になれば幸いです!

フォロー・購読

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。