『最弱無敗の神装機竜』5話ネタバレ的な感想 リーシャ完全敗北!?

第5話【episode 05 少女の願い】観たので感想書きます

『最弱無敗の神装機竜』5話ネタバレ的感想

前回4話では最後にクルルシファーがこの世界の人間でなく、遺跡の生き残りだとカミングアウトしたところで終了というなんとも続きが気になるラストでした

と言っても5話観始めるまで完全に忘れてたんですがw

最弱無敗の神装機竜 クルルシファー

今回はクルルシファーとルクスの悲しい過去が少しだけ明らかにされ、互いに理解を深めたのちのバルゼリット卿バトルという流れです

自分の為に本気で戦ってくれたルクスに対し熱烈なアプローチを見せたクルルシファー

オクテなリーシャ様は大敗を喫したのでした

最弱無敗 5話

最弱無敗 リーシャ

展開自体は好きなんですが、演出が予定調和を狙いすぎている感じがして冷めながらも感動していた変な自分w

バルゼリットのセリフがもうルクス君召喚するために作られてる感がなんともね…

ただ、クルルシファーの視点で考えるとやっぱり目頭が熱くなる部分もありました

感想を交えて第5話を整理してみようと思います

※色々とネタバレを含みます

『最弱無敗の神装機竜』クルルシファーの過去についての感想・考察

最弱無敗の神装機竜 クルルシファー

クルルシファーはやはり”遺跡”側の人間だったようです

彼女自身は遺跡に関する記憶は持っていませんでしたが、

成長するにつれて自分が”エインフォルク家”にあらざる存在である事に薄々気付いていた様子

今までクルルシファーが遺跡に強く固執していた理由は、端的に言えば「自分が遺跡の生き残りである」事を信じたくなかったから

エインフォルク家で家族として認めてもらいたいと、

神装機竜を扱うほどに努力を重ねた彼女ですが結果は皮肉にも義兄妹たちから疎まれる形で表れてしまいました

遺跡にまつわる話をせめて間違いだと思いたかった彼女ですが、今回の調査でクルルシファーに反応してしまった以上彼女の中ではでもう確信に変わってしまったんですね

突き放された彼女への「僕たちの仲間」というルクスの言葉はクルルシファーにはかなり響いたんじゃないかと思います

最弱無敗 ルクス

『最弱無敗の神装機竜』ルクスの過去についての感想・考察

ルクスの過去についても少し明らかになりました

帝国のやり方に祖父が異を唱えた事によって宮廷を追い出された彼らは、自身が皇族であった所以で母親を見殺しにされ王家からも民からも見放されます

クルルシファー同様、ルクスも強い孤独を味わった過去があったんですね

でもルクスはそんな時、毎日彼の元に会いにきてくれたフィルフィに救われました

最弱無敗 フィルフィ

今まではただの幼馴染としか分かりませんでしたが、

彼の中でフィルフィはかなり大きな存在だったんですね

今まででも十分大好きでしたが、

今回のエピソードを聞いて心の底からフィルフィが好きになってしまいましたよ

最弱無敗 フィルフィ

フィルフィが助けてあげたから、ルクスも同じようにクルルシファーを救う事が出来たんですよねきっと(ドヤァッ)

『最弱無敗の神装機竜』5話【少女の願い】感想まとめ

後半はバルゼリット卿とのバトルが熱かったです

ただその前に忘れてはいけないのがリーシャのドリル

最弱無敗 ドリル

まさか本当に伏線回収に来るとはw

4話でドリルドリルうるさかった彼女ですが、

しっかりとドリルで救出に来てくれました

ただコレって完全にサブヒロインの役割だよね

そして今回は妹キャラのアイリたんがやたら説明キャラでしたね

最弱無敗 アイリ

見た目は至高なのに役どころが勿体無いキャラクターです

「さすおに」と少し被っている感が…

今回のメインである肝心のバトルは予想通り過ぎる展開はいいんですが、「今からこうなるよ!」的なフラグが目立ち過ぎて入り込めませんでした

でもクルルシファーにもらい泣きしてしまった自分がいる

最弱無敗 クルルシファー

最弱無敗 ルクス

最後はなんだかんだカッコよくキマったと思います

個人的にはクルルシファーにトドメをキメて欲しかったですがw

そしてラストは安定のIS的ルートへ…

最弱無敗 クルルシファー

完全に”女”の表情してましたね

6話以降の彼女のキャラの変化が楽しみです

とりあえず今回の第5話を持ってようやく1エピソードが片付いたわけで、

次回が気になるところ

フィルフィを深く掘り下げて欲しいところもあるし、そろそろリーシャにヒロインとして活躍して欲しい気もしますね

次回第6話も楽しみにしたいと思います

コメントは交流・情報交換等の場としてご利用していただければ嬉しいです。コメントは承認制ですので反映されるまでしばらくお待ち下さい。

※なお、誹謗中傷などの読んだ人が不快になりそうな内容のコメントは、編集もしくは削除する場合がある点についてはご了承くださいm(__)m

まったりと居心地の良い空間になれば幸いです!

フォロー・購読

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。