アニメ『最弱無敗の神装機竜』11話ネタバレ的 感想 全竜戦!

『最弱無敗の神装機竜(バハムート)』11話「帝国の凶刃」感想です。

何だか凄くクライマックス感がありましたね。

後半、アイリがフラグ(w)立てたあたりから引き込まれました。

アニメ『最弱無敗の神装機竜(バハムート)』11話ネタバレ的 感想

最弱無敗の神装機竜11話

「最弱無敗」も次回でいよいよ最終回。

舞台がファンタジー世界だからか、他の学園モノラノベとは少し違う雰囲気で楽しめた作品だと思います。

この系統だと『星刻の竜騎士』とかの方が好きだったりするんですが。

今回リーシャの神装機竜を見て、何故かコズミックブレイクのクリムローゼを思い出しましたw

知らない人は気になさらないで下さい。

それでは、以下、あらすじを振り返りながらの感想です。

11話「帝国の凶刃」感想

エピソードタイトルになるほど出番の多くなかった夜架ちゃんですが、リーシャの機竜を操作したのが彼女だとすると、ストーリー全体に潜む存在感は大きかったように思えます。

今回分かったのは、夜架が旧帝国との契約を守ろうとするのは死んだ弟のため。

弟の為に交わした契約を果たす為、彼女は新王国を滅ぼすという事でした。

最弱無敗の神装機竜11話

さて今回11話では、最終話に向けて物語が一気に展開した感じですね。

前半はまあ、割とありきたりというか、どこかで見たような展開の連続で結構退屈でした。

没入感が無かったといいますか…

冒頭では建国記念祭での公務スピーチの練習をするリーシャが、ルクスと交わした約束の返事を気にしていました。

後半の展開を考えると、この”約束”が最終話を盛り上げるために一役買ってくれそうだと思っています。

最弱無敗の神装機竜11話

全竜戦がテンポ良く進んでいた為に、というよりもアイリ様が盛大なフラグを立ててしまった為にリーシャの試合で何か起こるのだろうなというのは容易に予想出来ましたが、結構重い展開に持っていきましたね…

やっぱりリーシャの機竜を操ったのは夜架で間違いないんだろうか。

この辺りから雰囲気がガラッと変わり、結構夢中になって最後まで観てしまいました。

ルクスが別行動を取っている上に、夜架が双方に絡んでいた事になるので話が少しややこしいですが、とりあえず全竜戦の1日目が終了したって事ですね。

最弱無敗の神装機竜11話

ルクスはリエス島での一件を不問にする事を条件に、アビスを討伐する為の囮役と全竜戦優勝を引き受けた。

個人戦では「最弱」らしくなく勝ちを急ぎ、その後間髪入れずに100体のアビスをおびき出す囮作戦を開始。

この間にリーシャの個人戦が始まり、夜架の罠に嵌る。

囮作戦は成功するも、反乱軍に予想よりも早いタイミングで攻め込まれ王都陥落の危機に見舞われた。

帝都奪還計画自体は全竜戦が終わった直後に決行されると踏んでいただけに被害甚大になってしまったんですね。

少し楽観視し過ぎな気がしないでもないですが。

サニアがいた事もルクスにとっては予想外だったわけで、どこをとっても今回は完全に劣勢です。

次回はここからの巻き返しに繋がり、おそらくヘイズや夜架も登場してリーシャ救出ってなるんでしょうが1話で出来るのかな?

そして今回ラストにあの男が再び登場しました。

最弱無敗の神装機竜11話

って誰だっけコイツ?w

盛大なやられ役だった事しか覚えてませんでしたが、確かコイツリーシャに紋章を刻んだ男でしたね。

今回の帝都奪還計画の総大将・ラグリード・フォルス。

浅沼晋太郎さん雰囲気あって上手だな。

このアニメ、ヘイズも含め悪役がいかにも過ぎるのがちょっとあざとい感じです。

最弱無敗の神装機竜11話

今回ヘイズがセクシー衣装でしたが、全く萌えない。

ヘイズが何故萌えないか少し考えてみたんですが、BBA臭が半端ないからだと気付きました。

10話から言われている「バハムートを使用できる時間は12分」

ルクスが賭けに出たところで今回11話は終了しました。

『最弱無敗の神装機竜』11話 感想まとめ

最終話は全竜戦2日目に突入なるのかと思いきや、中止との決定が下されました。

今回は全体的にスピード感のあるバトルが好印象だった。

機竜たちがよく動いていました。

どうせなら他の回でも本気出して欲しかったところ。

最弱無敗の神装機竜11話

大群と戦っているルクスとはまた別口に、巨兵が王都に向かっているという事で、12話は盛大なバトル物になりそうです。

最後の最後にリーシャ様もメインヒロインの威厳を取り戻してくれて嬉しいですね。

そういえばルクスが何やらワイバーンの改造をリーシャ様に依頼していましたが、12話への伏線だったんでしょうか?

後半はかなりボルテージが上がり、最終話は相当に熱い展開を期待せざるをえない。

それでは次回も『最弱無敗の神装機竜(バハムート)』楽しみにしたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

フォロー・購読