「2016春アニメおすすめはコレ!」ランキング39作一覧

↓9位~1位の春アニメ↓

スポンサーリンク

  • 9位:迷家-マヨイガ-

迷家(C) 2016 GREE, Inc. /iQIYI. GREE. MEDIALINK. TV TOKYO

→公式サイト  →公式ツイッター

監督は『ガールズ&パンツァー』『SHIROBAKO』の水島努、シリーズ構成は『あの花』『心が叫びたがっているんだ。』の岡田磨里、制作は『艦これ』のディオメディアが送るサスペンスアニメ。

胡散臭い幻の村へのバスツアーで合流した30人の男女が辿り着いた無人の集落で紡がれる、謎が謎を呼ぶ群像劇。

スタッフもコンセプトも素晴らしく、何よりキャラデザが取っつきやすい感じなので期待値は相当高いです。

【作品情報】

キャスト・スタッフ

【声優】酒井広大(光宗)、相坂優歌(真咲)、八代拓(颯人)、佐倉薫(こはるん)、鈴木達央(ヴァルカナ)、五十嵐裕美(リオン)

【監督】水島努 【シリーズ構成】岡田麿里 【キャラクターデザイン】井出直美 【音響監督】水島努 【音楽】 横山克 【音楽制作】ポニーキャニオン 【アニメーション制作】ディオメディア

【放送情報】

【毎日放送】2016年4月8日(金)26:10より放送予定

【TBS】2016年4月8日(金)より放送予定

【CBC】2016年4月8日(金)より放送予定

【BS-TBS】2016年4月9日(土)24:00より放送予定

【WOWOW】2016年4月より放送予定

  • 8位:ニンジャスレイヤー(スペシャル・エディション版)

ニンジャスレイヤー

(C) Ninj(C) Entertainment/Ninj(C) Conspiracy

→公式サイト  →公式ツイッター

2015年に動画配信サービスで放送されたアニメが「スペシャル・エディション版」として地上波に登場。

アメリカ人コンビの書いた小説が原作で、ニンジャ同士の抗争に巻き込まれ妻子を失った平凡なサラリーマンが全てのニンジャに憎悪を燃やす復讐劇。

前年のアニメは仮にテレビ放送されていたら叩かれるどころではないレベルのデキで、色々「ヤバイ」と騒がれました(笑)

地上波で放送するなら改良されるはずなので、大きく期待しています。

個人的には好きなアニメ。

【作品情報】

キャスト・スタッフ

【声優】森川智之(ニンジャスレイヤー)、速水奨(ダークニンジャ)、斎藤千和(ナンシー・リー)、雨宮天(ヤモト・コキ)、種田梨沙(ユカノ)、津嘉山正種(ラオモト・カン)、玄田哲章(クローンヤクザ)、ゴブリン(ナレーション)

【原作】ブラッドレー・ボンド、フィリップ・N・モーゼズ 【キャラクター原案】わらいなく 【シリーズディレクター・シリーズ構成】雨宮哲 【脚本】佐藤裕 【キャラクターデザイン】今石洋之・芳垣祐介・saitom・稲戸せ れれ・信じろ 【音楽】大沢伸一・藤澤健至 【音楽制作】スターチャイルドレコード 【アニメーション制作】TRIGGER

【放送情報】

2016年4月より放送予定

  • 7位:はいふり

はいふり(C) AIS/海上安全整備局

→公式サイト  公式ツイッター

「海に生き、 海を守りて、 海を往く―それがブルーマーメイド!」

キャラクター原案が『のんのんびより』作者のあっと、シリーズ構成・脚本が『のんのんびより』担当の吉田玲子。

『のんのんびより』大好きな自分としては至高の組み合わせで、実際キャラクターがすごく可愛いです。

国土のほとんどが水没し海上都市を航路で結ぶような状態になった日本が舞台で、女性徒の憧れの職業”ブルーマーメイド”を目指す海洋高校に入学した少女たちの学生生活が描かれます。

【作品情報】

キャスト・スタッフ

【シリーズ構成・脚本】吉田玲子 【キャラクター原案】あっと 【監督】信田ユウ 【キャラクターデザイン・総作画監督】中村直人 【アニメーション制作】プロダクションアイムズ

【放送情報】

2016年4月より放送予定

  • 6位:マギ シンドバッドの冒険

マギ シンドバッドの冒険

(C) 大高忍・大寺義史/小学館・AOS PROJECT

→公式サイト  →公式ツイッター

WEBコミック配信サイト「裏サンデー」にて連載中の外伝がアニメ化。

シンドバッドを主人公とした”もう1つのマギ”

本編とはスタッフが大きく変わっているのが気になりますが、キャストは安定しているので期待できそうです。

アニメ3期制作はよ!

【作品情報】

キャスト・スタッフ

【声優】小野大輔(シンドバッド)、杉田智和(ドラコーン)、櫻井孝宏(ジャーファル)、藤原啓治(ヒナホホ)、石田彰(ユナン)、小西克幸(バドル)、日笠陽子(エスラ)、茅野愛衣(セレンディーネ)、子安武人(バルバロッサ)、東地宏樹(バアル)

【原作】大高忍・大寺義史 【監督】宮尾佳和 【シリーズ構成・脚本】岸本卓 【キャラクターデザイン総作画監督】佐古宗一郎 【コンセプトデザイン】BARNSTORM DESIGN LABO・田中俊成・枝松聖・大山裕之 【ジン・クリーチャーデザイン】富岡隆司 【音楽】大久保友裕 【アニメーション制作】Lay-duce

【放送情報】

【毎日放送】2016年4月より放送予定

  • 5位:甲鉄城のカバネリ

甲鉄城のカバネリ(C)KABANERI OF THE IRON FORTRESS

Animation production by Wit Studio

Directed by Tetsuro Araki  and written by Ichirou Ohkouchi

→公式サイト  →公式ツイッター

監督・制作をそれぞれ『進撃の巨人』の荒木哲郎・WIT STUDIO、シリーズ構成・脚本を『コードギアス』の大河内一楼が手掛ける期待の大作。

ノイタミナ枠での放送です。

装甲蒸気機関車「甲鉄城」に乗る少年達と不死の怪物・カバネとの闘いを描く内容。

公式のPV観る限りでは思いきり『進撃』っぽいですが、同時にクオリティの高さを感じました

3月18日より各地で『甲鉄城のカバネリ 序章』が1週間限定上映。

【作品情報】

キャスト・スタッフ

【声優】畠中祐(生駒)、千本木彩花(無名)、内田真礼(菖蒲)、増田俊樹(来栖)、梶裕貴(逞生)、沖佳苗(鰍)、伊瀬茉莉也(侑那)、逢坂良太(巣刈)、佐藤健輔(吉備土)、宮野真守(美馬)

【キャラクター原案】美樹本晴彦 【監督】荒木哲郎 【助監督】田中洋之 【シリーズ構成・脚本】大河内一楼 【アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督】江原康之 【音楽】澤野弘之 【脚本】瀬古浩司 【アニメーション制作】WIT STUDIO

【放送情報】

【フジテレビ】2016年4月~より放送予定

  • 4位:マクロスΔ(デルタ)

マクロスΔ

(C) 2015 ビックウエスト/マクロスデルタ製作委員会

→公式サイト  →公式ツイッター

マクロスシリーズ最新作。

時系列はマクロスFから8年後の2067年で、「空中騎士団」等が登場する特徴的な世界観を持つ惑星が舞台となります。

先取りエディション観ましたが、新感覚ながらも期待できそうでした。

マクロス7嫌いな人には合わないかも知れません(笑)

【作品情報】

キャスト・スタッフ

【声優】鈴木みのり(フレイア・ヴィオン)

【原作】河森正治・スタジオぬえ 【キャラクター原案】実田千聖 【総監督】河森正治 【監督】安田賢司 【シリーズ構成・脚本】根元歳三 【キャラクターデザイン】まじろ・進藤優 【マクロス ビジュアルアーティスト】天神英貴 【音楽制作】フライングドッグ 【音響監督】三間雅文 【アニメーション制作】サテライト

【放送情報】

【TOKYO MX】2016年4月より放送予定

【BS11】2016年4月より放送予定

  • 3位:Re:ゼロから始める異世界生活

リゼロ(C) 長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

→公式サイト  →公式ツイッター

”君を救うためなら、俺は何度でも――死ぬ”

「小説家になろう」出身の人気ラノベ原作、通称「リゼロ」が満を持してのアニメ化。

異世界に迷いこんだものの何の能力も持たない主人公・ナツキスバルが手にした唯一の能力は、死ぬと異世界に初めて召喚された状態まで戻ってしまう”死に戻り”

たまたま命の危機を救ってくれたお人好しの少女・エミリアを助けるためにスバルは幾度となく”死に戻り”を駆使して奮闘する。

原作は非常に長大なストーリーとなっていますが、アニメではどこまで展開してくれるのか見ものです。

個人的には2クールもしくは分割2クールを期待したいところ。

【作品情報】

キャスト・スタッフ

【声優】小林裕介(ナツキ・スバル)、高橋李依(エミリア)、内山夕実(ハック)、赤﨑千夏(フェルト)、水瀬いのり(レム)、村川梨衣(ラム)、新井里美(ベアトリス)、中村悠一(ラインハルト)

【原作】長月達平 【キャラクター原案】大塚真一郎 【監督】渡邊政治 【シリーズ構成】横谷昌宏 【キャラクターデザイン・総作画監督】坂井久太 【アニメーション制作】WHITE FOX

【放送情報】

2016年4月より放送予定

  • 2位:僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア

(C) 堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

→公式サイト  →公式ツイッター

”君はヒーローになれる。”

それぞれ「個性」を持った超人達が当たり前に存在する世界で、生まれつき「無個性」で”デク”とバカにされながらもヒーローを夢見る少年・緑谷出久(みどりやいずく)の成長を描いた物語。

少年ジャンプの要素「努力」「友情」「勝利」全てが詰め込まれた、時代にそぐわないほどに真っ直ぐなストーリーの本作がどうアニメ化されるか、すごく期待しています。

同じアメコミ風ヒーローものの『ワンパンマン』のように覇権を狙えるクラスの作品だと感じます。

【作品情報】

キャスト・スタッフ

【声優】山下大輝(緑谷出久)、三宅健太(オールマイト)、岡本信彦(爆豪勝己)、佐倉綾音(麗日お茶子)、石川界人(飯田天哉)、悠木碧(蛙吹梅雨)、広橋涼(峰田実)、井上麻里奈(八百万百)、細谷佳正(常闇踏陰)

【原作】堀越耕平 【監督】長崎健司 【シリーズ構成】黒田洋介 【キャラクターデザイン】馬越嘉彦 【アニメーション制作】ボンズ

【放送情報】

【MBS・TBS系列】2016年4月 (日)17:00より放送予定

『僕のヒーローアカデミア』アニメいつから?放送日&声優まとめ
© 堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会・MBS 今更ですが『僕のヒーローアカデミア』アニメ化決定おめでとうございま...

  • 1位:ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない

(C) LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険DU製作委員会

→公式サイト  →公式ツイッター

1位はやはりというか、『ジョジョ』一択でした(笑)

現在「ウルトラジャンプ」にて連載中の、「週刊少年ジャンプ」から数えると超長期連載作品で、もはや説明不要の名作。

東方仗助が主人公の第4部「ダイヤモンドは砕けない」のアニメ化。

個人的に4部が一番好きなので嬉しいですね。

尺足りるのかどうかが非常に不安ですが、まずは4部がアニメで観られる事に感謝です。

【作品情報】

キャスト・スタッフ

【声優】小野友樹(東方仗助)、梶裕貴(広瀬康一)、高木渉(虹村億泰)、櫻井孝宏(岸辺露伴)、小野大輔(空条承太郎)

【原作】荒木飛呂彦 【ディレクター】津田尚克 【シリーズディレクター】加藤敏幸 【チーフ演出】高村雄太 【シリーズ構成】小林靖子 【キャラクターデザイン】西位輝実 【スタンドデザイン・アクション作画監督】三室健太 【サブキャラクターデザイン】石本峻一 【プロップデザイン】宝谷幸稔 【音楽】菅野祐悟 【アニメーション制作】david production

【放送情報】

2016年4月より放送予定

スポンサーリンク

2016春アニメランキングまとめ

さて、以上、期待の2016春アニメおすすめ39作ランキングでした。

興味のある作品は見つかったでしょうか?

改めてランキングにしてみると凄まじいほどに豪華なラインナップで、どれを観ようか迷う…

というか、数相当多いですよね。毎期こんなにありましたっけ?w

このランキングが少しでもお役に立てたなら幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

フォロー・購読